goodagingsalon bodyadjustmethod

筋肉を正しく鍛えれば、骨密度も同時に鍛えられる!筋力と老化には相関関係がある。レッツ、サルコペニア防止!

先日、ヒューマンアカデミーグッドエイジングサロンで体内年齢の史上最年少記録をたたき出した僕ですが、食事も好きなものを食べ、スポーツもしていないですが、骨年齢17歳でした。(いまだに記録を塗り替えられていないそう。)

image

(表に存在しない数値を出しました)

 

 

心当たりがあるとすれば、体を緩めていること(ボディアジャストメソッド)と、プロテインを飲んでいることくらいでしょうか?

 

筋出力速度を高めることで、骨も若返る?

ちなみに、論文によれば、骨密度は筋力ではなく、筋出力速度(瞬間的なインパクトの強さ)と相関関係があるそうです。

閉経後女性における筋肉量及び筋パワーと骨密度との関係

 

どういうことかというと、負荷の高いウエイトトレーニング等よりも、低い負荷強度でのトレーニングがアンチエイジングには有効とのことです。

 

 

加齢性筋肉減弱減少(サルコペニア)

ちなみに、加齢による筋力低下に伴う諸症状をサルコペニアというそうですね

1989 年,Irwin Rosenberg は,年齢と関連する筋肉量の 低下を「サルコペニア」(ギリシャ語で筋肉を意味する 「sarx」と喪失を意味する「penia」)と提案した。サルコペニアは,身体的な障害や生活の質の低下,および死などの有害な転帰のリスクを伴うものであり,進行性および全身性の骨格筋量および骨格筋力の低下を特徴とする症候群である

厚生労働科学研究補助金(長寿科学総合研究事業)高齢者における加齢性筋肉減弱現象 (サルコペニア)に関する予防対策確立のための包括的研究

 

厚生労働省が補助金予算を付け推進している長寿科学総合研究事業のうち、一つのプロジェクトで、筋力低下の測定やその対策を研究しているそうです

 

 

筋肉にはまだまだ可能性がありそうですね!

体を緩め始めてから、お酒が強くなったような気がするのは気のせい?かもしれませんが、論文等調べてみようと思います。

(筋肉量が増えると体内保水量が増えるので、アルコール濃度が相対的にさがるという仮説はたてています。)

image

体を緩めると、いろいろないいことがありそうです!