怪我をしたときに無意識に「さする」行為には、傷ついた神経の回復効果がある

記事のシェアOK☆

体を緩めることによって、以前は全くなかった

大腰筋の感覚や、肋間筋の感覚、環椎後頭関節の感覚など、

体内のいろいろな感覚が芽生えてくるのがとても不思議だったのですが、

体に触れたり、刺激を与えることによって、神経は成長するという論文が出ているみたいです。

「さする」と反応、神経の突起を伸ばす新たな分子メカニズムを解明 ―神経の細胞伸展の感知センサーを発見―

打撲したり骨を折ったりしたときに自然とさすってしまうことが良くあります。そうした傷を負ったときには末梢の神経も傷ついてしまいますが、「さする」ことでどのような効果があるのでしょうか?今回、群馬大学大学院医学系研究科の柴崎貢志 講師は、生理学研究所の富永真琴 教授らとの共同研究で、神経が伸びていく際に重要なセンサー・タンパク質TRPV2(トリップブイ2)センサーの働きを解明しました。この、TRPV2センサーは、「さする」などの伸展をうながす物理的な力がかかったときに働き、神経が突起を伸ばすことを助けていることがわかりました。傷ついた神経の再生にもつながる成果です。3月31日(米国東部標準時間)づけの米国神経科学会誌に掲載されます。

今回、柴崎講師らは、熱を感じる分子センサー(タンパク質)として知られるTRPV2センサーの働きに注目。TRPV2センサーは、突起を伸ばそうとする神経では、「さする」などの伸展を促す物理的な刺激を感じる”細胞伸展センサー”として働くことをつきとめました。ニワトリの神経の実験でも、TRPV2センサーが「伸展」を感じることで、神経の突起がさらに伸びていく様子を確認しました。これまでどうして脊髄の運動神経や感覚神経が長い突起を伸ばせるのか分かっていませんでしたが(たとえば、人では脊髄の坐骨神経は1m近くあります)、TRPV2センサーが働くことで、突起をずんずん伸ばし、体の中で最も長い神経突起を出すことができることを明らかにしました。また、このTRPV2センサーは、傷ついた神経が再び突起を伸ばしていくためにも重要な役割を果たすと考えられました。

柴崎講師は、「打撲などをうけて皮膚の神経が傷ついたとき損傷部位を自然となでたりさすったりする行為には、TRPV2センサーを活性化させ、損傷部位の神経突起の再生を促そうという無意識の意味合いが込められていると考えれば理屈にあっています。リハビリなどで運動神経などの神経回路を回復させ、運動機能を回復させるためには、このTRPV2センサーの活性化を介した神経突起の再生が重要な役割を果たすものと考えられます。また、ES細胞やiPS細胞を用いた最先端の再生医療技術と組み合わせて行くことで、神経回路の再生に役立つと期待されます。」と語っています。
本研究は文部科学省科学研究費補助金「脳内温度と神経活動の機能相関」「温度センサーによる脳機能調節」の補助を受けて行われました。

大人になったあとでも、感覚は十分に鍛える余地があるということですね!

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。東京大学法学部卒。生命と宇宙を感じながら、体を緩め歩いています。街中で見かけたらラッキー。経営顧問を常時10社以上兼任。プロフィール・会社概要はこちら
ヘルスィーTANA☆AKK

最新記事 by ヘルスィーTANA☆AKK (全て見る)

tanaakk
怪我をしたときに無意識に「さする」行為には、傷ついた神経の回復効果がある
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする