1年半でブログに35万人集めてみたが、結論、集客は必要ない。

記事のシェアOK☆

このブログをはじめたのは1年半前くらいでした。

自分が体を緩める理解を深めるために、解剖学の教科書を眺めながら書き始めたブログでしたが気づけば1年半で35万人弱の人々に訪問されたブログになりました。

tanaakk

特に広告費もかけていないにも関わらず、伝説のGLAY20万人ライブ以上の人が訪れたことには驚きです。

glay20

しかし、35万人集めてみて感じたこと。

それは意外にも、集客は必要ないということです。

簡単に言えば、人は集めるものではなく、集まるものだということです。

歴史的に、インターネットがない時代にも、電話もテレビもない時代にも人は集まった。

現代ですら、記録を塗り替えられない歴史的ベストセラーが聖書。

seisho

聖書はインターネットすらない、電話もテレビもない時代にベストセラーになっています。

集客は必要ない 

を最も体現しているのは伊勢神宮ではないでしょうか。

isejingu

伊勢神宮のテレビCMを見たことはありますか?

少なくとも、僕は東京で伊勢神宮のCMを見たことはありません。

伊勢神宮は交通の便も悪いし、いつも混んでいるし、特に行ってもなにもやることがないにも関わらず、年間1000万人を超える人が集まります。

ディズニーランドに来たお客様に対して、ディズニーランドのキャストがなんの挨拶もしなかったらお客様は怒るでしょう。

しかし、伊勢神宮は誰もなにも挨拶しなくても誰も怒りません。

伊勢神宮側はなにもしていないのに、来た人はお賽銭を入れて、手を合わせて、

『ありがたい』と言って帰ります。

なにもされていないのに、『ありがたい』とはどういうことでしょうか?

ディズニーランドだったら激怒です。伊勢神宮だと『ありがたや』です。

ちなみに2013年に行われた式年遷宮の予算は550億円。そのうち220億円は寄付で集めたそうです。

なんという集客力でしょうか?

僕が35万人をブログで集めて気づいたのは、

伊勢神宮のすごさでした。

インターネットが発達したからと言って、人が集まる根本原理は変わっていないはずです。

伊勢神宮がやっていることは、相手を呼ぶのではなく、相手に探させること。

いまもむかしも、人は常に魅力的な場所や、魅力的な人を捜し求めている。

相手に探させるのが経営。

集客を意識的にしようとしているうちはまだまだ甘い。

自分が際立ちさえすれば、相手のほうから探しに来る。

そのことに改めて気づいたのでした。

skytree

最高の城を築いていれば、明白に城があるということがわかる。あえてアピールする必要がない。

相手が顔を見せたときはすでに勝負は決まっています。営業はいりません。

集客をするのではなく、相手に探させ、見つけさせ、そして足を運んだ時点で勝負が決まるという戦略を作ることこそ、事業家がやるべきことではないでしょうか。

では、どうすれば伊勢神宮の集客力を得られるのか?

それはあらゆる『人を集めているモノ』を考察することで見えてきます。

特に積極的な集客をしていないのに人が集まるもの。

赤ちゃん

家族

仲間

山・川・海

三ツ星レストラン

五つ星ホテル

主要都市

聖書

ワンピース(漫画)

ビートルズ

人は赤ちゃん、動物、山、海、川、人が集まる街に惹かれる。

それと同じ雰囲気を作れば良いのではないかと思います。

sizen

これらの共通点を探す上で、

疲労・脳・体・都市設計の論文にヒントがありました。

キーワードは 自律神経・疲労・ゆらぎ・ゾーン・脳・体・内分泌系・セミラチス・キャラ立ち といったものです。

自分なりに共通点をつかんだという確信は得たのですが、

文章にしようとするとまだ難しくなってしまうので、噛み砕けたらまた書こうと思います。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。東京大学法学部卒。生命と宇宙を感じながら、体を緩め歩いています。街中で見かけたらラッキー。経営顧問を常時10社以上兼任。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
1年半でブログに35万人集めてみたが、結論、集客は必要ない。
タナーク株式会社 Tanaakk Inc.の最新情報をfacebookで購読!

記事のシェアOK☆

フォローする