自分を客観視できる人が圧倒的に強いのはなぜだろうか?

自分を客観視できる人は圧倒的に強い。

 

経営は、自社のポジションを社会全体の中の一つとして位置づけると強い。

サッカーも、自分のポジションをスタジアム全体の中の一つとして位置づけると強い。

自分を客観視できる人は微修正がうまく、強い。

 

これはなぜだろうか?

シンプルな答えが一つある。

自分を客観視できる人が圧倒的に強い理由、それは、自分にとって、1番のファンが自分自身だから

 

 

世界一のパフォーマンスを出している人はみんな自分大好きに見える。(主観的にはわからないが、少なくとも客観的にはそう見えるだろう)

世界一になったから自分大好き

ではなく、

世界一になる前から自分大好き

だから、世界一になるのだろう。

 

 

 

最も信頼する人でさえ、自分のことを24時間見ていてはくれない。

相手に対する愛の言葉は、いつかは嘘になる可能性がある。

 

しかし、自分だけは自分のことを24時間気にかけることができる。

自分は決して裏切らない。

 

人はモノではなく、ストーリー(歴史)に惹かれる。

 

ものごとを起こす人が一番最初に取り掛かり、一番最後までやりきるべきは、

自分の人生という歴史に惚れ込み続けることではないでしょうか。

 

では自分の歴史にほれ込むとはどういうことか?

 

それは、簡単なようで難しいことではないかと思うのです。

一瞬やれば終わりではなく、常にやり続ける必要があるものだと思います。

また、忘れやすいものなのではないでしょうか。

 

jibunjisin

0歳の赤ちゃんは生まれたばかりの自分の手や足をむすんだりひらいたり、自分のからだの動作確認をして、ものすごく嬉しそうにする。

幼い時に感じていた、自分自身に対する興味を取り戻し、忘れずに持ち続けるための習慣が「客観視」ではないでしょうか。

 

自分にハマりはじめると、いろいろなことが気になる。

 

日々の暮らしのなかでの自分の感情の変化がいちいちきになる。

 

朝、家を出た時の太陽の光の眩しさ。

 

そして今日も元気に活動できる喜び。

 

朝の空気を吸った時のすっーとした爽快感。

 

 

今日はどんな新しい発見をするのか?

 

今日はどんな新しい筋肉が動くのか?笑

 

自分の一挙手一投足が気になる。

 

 

 

 

自分のファンだから、自分自身においしいものを食べさせて、たくさん栄養を取らせて、たくさん寝させてあげる。

 

ブログは過去と未来の自分へ送る手紙として書く

リンカーン並に、Letters of myself, by myself, for  myself

 

 

 

 

 

自分のための文章を公開する理由は、

公開した方がより多くの化学変化を感じることができて、より新しい発見が増えるから。

 

自分が1年前に書いたブログを読んで、「いいこと書いてるなあ」と感動する。

だんだんと、自分の作品以外に自分を感動させられるものがなくなってくるのです。

 

時に他者を例にあげるのは、あくまで引用で、自分の感覚をうまく言語化するための手段。

 

全てが自分のため。

だから毎日書き続けられる。

 

自分に惚れ込み24時間気にかけることで、圧倒的な自信が生まれる。

 

ナルシストと自信は全く別物。

ナルシストは評価をする。

しかし、『自信』は自分を感じとる、捉えるだけである。

そこに評価は挟まない。

 

どんなにすごくても、どんなにすごくなくても。

 

自分を客観視し続ける。

 

 

自分に驚き、自分に喜び、自分との関係に心を踊らせる。

他人と自分を比べることはないし、他人のマネをすることもない。

というか、自分を観察するのに忙しいので、他人のことが全く気にならないし、比較する暇がない。

 

 

 

とはいえ、人と一緒にいることも好き。自然の中にいることも、動物と戯れることも好き。

でも、何をしていても楽しい理由は、原点に自分大好きがあるから。

 

自分のことを1番大切にしていれば、自分の周りにいる人も、大切にしようと思うだろう。

自分に優しく、他人に厳しくというのは間違っている。

脳は自分に対する言葉と他人に対する言葉を区別できない。

したがって、相手に対して言っていることは、脳は自分のことだと勘違いして聞いている。

相手を悲しませるようなことを言うと、1番大切な自分を悲しませることになる。

 

 

 

 

自分が大好きな人たちだけで世界が構成されているとしたら、もっとお互いの生き方を大切に扱うことができるようになるだろう。

 

相手を自分と同一視しているのであれば、自分が苦しむのをみているのが辛いから、仲間を大切にして、仕事も頑張り、社会に還元する。お金は喜びを振りまくための媒介物。

 

 

自分を客観視できる人が圧倒的に強いのはなぜだろうか?

その理由はきっと、自分のことを世界中の誰よりも観察し、導き、信頼しているから。

 

 

 

僕はこまったときは、

洗面所に行き、鏡に映った自分に相談します。笑