Tree Of Lifeと丸い小さな順番待ちロボット

『生命の樹』

と表現するのがぴったりな、命のみなぎる大木。

木の幹を囲むようにくるりと、きらきらした街ができあがり、周囲にはふわふわとした雲が浮かんでいる。

 

それを遠くから眺めている。

 

眺めているのは順番待ちをしている小さな丸いロボット。

 

そのロボットは子供みたいだが、もう何千年も自分の順番を待っている。

もういつから順番待ちをしているのすら忘れてしまったくらい、ずっと自分の順番を待ち続けている。

周囲には同じように順番待ちをしているロボットが、高くて丸いたんぽぽの綿毛のような家に暮らしている。

 

友達の女の子ロボットがいつもお世話をしてくれる。

 

いつか僕もあの樹の下にいけるかな?

 

 

長い年月がたって、

いつのまにか、

丸い小さなロボットは生命の樹の真下から上を見上げている。

 

遠い昔に、順番待ちをしていたことなんて忘れてしまって、

どこか記憶の片隅に行ってしまったみたいだ。

 

 

丸い小さなロボットは樹の根っこから、大きな樹を見上げていた。

 

寂しくもあり、どこか誇らしげでもある、そんな昔の思い出に浸っているかのように、

丸い小さなロボットはただじーっと、大きな樹を見上げている。