目に見えるものは、本当の姿を現していない。言葉と心理はいつも真逆。

9次元から来た男

日本科学未来館で上映されていた9次元からきた男という映画がある。日本科学未来館

一般相対性理論と量子力学という、マクロとミクロの二つの理論を統一する、Teory Of Everythingの候補である超弦理論(ちょうげんりろん)を表現したショートムービー。

世界は揺れ動き、目で見て捕まえようとしても捉えられない。

ものごとの本当の姿は感性で感じ取るもの。

9次元からきた男のメッセージは、

『次元を超えてゆけ』

lepetitprince

表面と真相はいつも逆だ。

人間の心理はいつも逆だ。

満員ですと言われると入りたくなるし、

ガラガラだと入らない。

「美味しいです」と言っている時点で相手に気を使っている。

本当に美味しいとき、人は表現することができない。満足したとき、すでに興味は尽きている。

「また来ます」と言っている時点でもう来る気はない。

来る人は何も言わずにまた来る。

「すごいですね」と言った瞬間、相手を秤にかけている。

能力が測れない時、人は誰かを形容することができない。

うまく行こうとして、何もかもやろうとすると潰れる。

何にもやらないでいいやと腹を据えていれば生き残る。

表に出てくる情報は真実を伝えない。

表面の装飾に惑わされてはいけない。

『ある』ことの提示は、

『ない』ことの証明でもある。

 

営業の極意は営業しないこと。

経営の極意は経営しないこと。

勝負の極意は勝負しないこと。

0-1歳の子供は、言葉は喋れないが、家族の健康を守っているかもしれない。

『ない』ということは聖域を作ることだ。

自己否定は、究極の自己肯定だ。

『ない』ことの表示は同時に、

『ある』ことの明示でもある。

最後に日本科学未来館に飾ってあったノーベル賞受賞者の直筆の一言を。

How will you improve the world for our children and all who follow behind? -Barack H. Obama

barach obama

あなたが本当にやりたいことはなんですか? -赤崎勇赤崎勇

The following two tabs change content below.