Have the courage to follow your heart and intuition.

steve jobs tim cook

 

アップルの現CEO ティムクックは、故スティーブ・ジョブズを回想してこう言っています。

“Most important, have the courage to follow your heart and intuition.”

 

この言葉は先駆者になろうとすればするほど、心に響き、腹に落ちてくる言葉です。

 

今までにないもの、これまでにない実績を作ろうとしたら、これまでのことを再現し、コピーしていては到底歯が立たないという次元に達してきます。

 

それはまるで、テニスの伝説フェデラーが、少し大きめのブカブカの靴を履いて、靴下を2枚重ねで履くような。

 

他の人からは到底理解されないような自分自身の決まりごとをいくつ持っているのか?

 

それが突き抜けるための秘訣なのでしょう。

 

自分自身の決まりごとは自分の体の中から、心の中から湧き出てくるものです。

それはだれも正しいとも間違っているとも言ってくれません。

 

しかし、

それが自分にとってしっくりくるのかどうか?

それは手に取るように明らかなのです。

 

自分自身にとっては手に取るように明らかなことを、

周囲がなんと言おうとも選び続ける。

 

 

そこには根拠もなく、説得できる材料もない。

従って、本当にそれを続けて良いのかに対して不安が押し寄せ、恐怖を感じます。

 

自分にとって

「しっくりくるもの」

を選び続けるのに必要なのは、

 

まさに自分を信じる

『courage』

それだけなのではないかと思います。

 

courageは通常、勇気と日本語訳されていますが、英語での真意は

度胸・勇敢さ・鋭気・胆力・ガッツ

というような、

不安や恐怖を吹き飛ばすような腹の座った姿勢に近いです。

 

しかしこれは強引に吹き飛ばすというよりは、繊細に不安や恐怖の真の理由を探究するという姿勢に近いでしょう。

 

漠然とした恐怖感の真の理由を特定した時、恐怖はすでに恐怖ではなくなります。

 

 

周囲の疑念を巻き込んだ上で、自分にとって肌触りが合うものを選び取り、その他のものを吹き飛ばすほどの繊細なcourageが、

自分にとってしっくりくる、懐かしい未来を作るのだと思います。