農家のおじいさんの最期の謎かけ

Aesopus Moralisatus (Aesop's Fables)

ある村の年老いた農夫のおじいさんが亡くなる間際に、ある遺言を3人の子供たちに伝えました。

「畑に宝物を隠してあるから、収穫を終えたら深く掘り起こしてみよ」

 

秋の収穫後に、3人の子供たちは我先にと畑の土を掘り続けます。

 

やがて喧嘩になった3人は、自分たちの陣地を分け、おのおの深く掘り進めたのでした。

掘れども掘れども宝は見つかりませんでした。

 

 

 

また、別のある村の年老いた農夫のおじいさんは亡くなる間際に、ある遺言を3人の子供たちに伝えました。

「畑に宝物を隠してあるから、収穫を終えたら深く掘り起こしてみよ」

「ただし、3人で協力しないと絶対に見つからないようにしてあるよ」

 

 

秋の収穫後に、3人の子供たちは畑の隅々まで深く掘り返しました。

3人で励まし合い、声を合わせて協力しながら、掘り起こし作業を毎日続けました。

探せど探せど、宝物は見つかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの村で、それぞれの子供たちは、宝を探すのを諦め、いつも通り畑に種をまきました。

 

亡くなった農夫の遺言も忘れかけた頃、翌年の秋が訪れました。

すると、これまでになく耕された畑は、

今までにない大豊作に恵まれたのでした。

 

 

 

gold roger

ワンピースのゴール・D・ロジャーの

『おれの財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ・・・探してみろ  この世の全てをそこに置いてきた』

 

もしかしたら、財宝は何もないかもしれない。

 

どんな気持ちで探すのか?

探し方次第では、宝は何もなかったという結論にもなれば、

宝はずっと目の前にあったという結論にもなるのかもしれません。