時間という財産

生まれた国や育った環境で資産額や職業のスタート地点が変わることはある。

しかし、誰もが平等に持っているものもある。

その一つが『時間』ではないでしょうか。

patek philippe

今という時間にどのくらいの価値を付けるのか?

その価値は誰もが自由に選べる。

自分の時間を金銭に変えることもできる。

時給850円にしてもよいし、もしくは時給1万円にしてもよいし、時給100万円にしてもよい。

しかし、今日のこの1時間は、自分が死ぬ間際に全ての財産を投げ打ってでも伸ばしたい1時間かもしれない。

だとしたら、その1時間を今日と同じ使い方で過ごしていいのだろうか?

今日、提供しているのと同じ価値でどこかの誰かに簡単に時間を渡してしまってよいのだろうか?

時間は思った以上に短い。

小さい頃の時間は無限に感じたが、

じきに、時間は限られているということを知る。

何かを果たすために使える時間はごくわずかだということを知る。

全財産をはたいて伸ばす最後の1時間。

patek philippe

今日あなたは何のために使うのでしょうか。

The following two tabs change content below.