SENSE OF PURPOSE | Mark Zuckerberg’s Commencement address at Harvard

“I’m here to tell you finding your purpose isn’t enough. The challenge for our generation is creating a world where everyone has a sense of purpose,” said Mark Zuckerberg, who was the principal speaker at Harvard’s 366th Commencement on May 25.

2017年5月25日にハーバード大学の336回目の卒業式、Facebook創業者のマークザッカーバーグがこの日、ハーバード大学を1年生で中退後13年ぶりに法科大学院の博士号を授与された際のスピーチの一部。

SENSE OF PURPOSE

One of my favorite stories is when John F Kennedy visited the NASA space center, he saw a janitor carrying a broom and he walked over and asked what he was doing. The janitor responded: “Mr. President, I’m helping put a man on the moon”.

私の好きな逸話がひとつあります。

ジョン・F・ケネディがNASA宇宙センターに訪問したとき、門番が箒を抱えて前を通り過ぎ増した。ケネディは彼に「何をしているのですか?」と尋ねました。

門番はこう答えたのです。

「大統領、私は人類が宇宙に行く手助けをしています。」

Purpose is that sense that we are part of something bigger than ourselves, that we are needed, that we have something better ahead to work for. Purpose is what creates true happiness.

Purposeは自分が自分たちよりも大きななにかの一部であるという気持ちにさせてくれ、自分が必要不可欠で、この仕事が必ずよりよい何かにつながるという確信をもたらすものです。Purposeは真の満足を生み出します。

You’re graduating at a time when this is especially important. When our parents graduated, purpose reliably came from your job, your church, your community. But today, technology and automation are eliminating many jobs. Membership in communities is declining. Many people feel disconnected and depressed, and are trying to fill a void.

Purposeがとても重要な時代に卒業しようとしている皆さんへ。私たちの両親が卒業したとき、Purposeは確実に仕事や、信仰や、コミュニティからやってきました。しかし今日、テクノロジーと自動化が仕事を奪っています。コミュニティへの帰属度は下がっています。多くの人が切り離され、落ち込み、穴を埋めようとしています。

To keep our society moving forward, we have a generational challenge — to not only create new jobs, but create a renewed sense of purpose.But it’s not enough to have purpose yourself. You have to create a sense of purpose for others.

私たちの社会を一歩進めるために、私たちは世代的な挑戦に向かっています。ただ単に仕事を作るだけではなく、新たなsense of purposeを創るという挑戦です。自分ひとりのPurposeを作るだけでは不十分で、周囲の人々のsense of purposeを創る必要があります。

I found that out the hard way. You see, my hope was never to build a company, but to make an impact. And as all these people started joining us, I just assumed that’s what they cared about too, so I never explained what I hoped we’d build.

Purposeの重要性を知ることは難儀でした。Facebookをはじめたとき、私は会社を作りたいのではなく、社会的なインパクトを作りたかったのです。そして多くの人が仲間に加わりました。私は仲間がみな同じ考えだと思い込んでおり、何を創ろうと望んでいるか(Purpose)について説明したことはありませんでした。

A couple years in, some big companies wanted to buy us. I didn’t want to sell. I wanted to see if we could connect more people. We were building the first News Feed, and I thought if we could just launch this, it could change how we learn about the world.

2,3年が経ち、大企業がFacebookを買収しようとしました。私はどれだけ多くの人をつなげられるかに興味があったので、売る気はありませんでした。私はニュースフィードを公開予定で、これが世界を知る方法を変えると考えていました。

Nearly everyone else wanted to sell. Without a sense of higher purpose, this was the startup dream come true. It tore our company apart. After one tense argument, an advisor told me if I didn’t agree to sell, I would regret the decision for the rest of my life. Relationships were so frayed that within a year or so every single person on the management team was gone.

しかし、経営陣のほぼ全員がFacebookを売りたがりました。sense of higher purposeがなかったために、「世界中の人をつなげる」という理想は、スタートアップの単なる夢に終わっていたかもしれません。

That was my hardest time leading Facebook. I believed in what we were doing, but I felt alone. And worse, it was my fault. I wondered if I was just wrong, an imposter, a 22 year-old kid who had no idea how the world worked.

Now, years later, I understand that *is* how things work with no sense of higher purpose. It’s up to us to create it so we can all keep moving forward together.

それはFacebookを率いるなかでもっともつらい時期でした。私は自分たちのやっていることを信じていましたが、孤独でした。私の落ち度でした。世の中がどう動くか知らない22歳の青年がたわごとを言っていたのでした。

今、私はそれが、sense of higher purposeがないときに起こることだと理解しました。協力して先に進むためにPurposeを創ることは自分たちの責任です。

First, let’s take on big meaningful projects.

The second is redefining equality to give everyone the freedom they need to pursue purpose.

The third way we can create a sense of purpose for everyone is by building community. And when our generation says “everyone”, we mean everyone in the world.

Sense of purposeを創るために必要なことは、

1つ目に大きな意義のあるプロジェクトに取り掛かる。

2つ目にPurposeを追求するために必要な自由と機会の平等をつくる。

3つ目にPurposeを追求するためのコミュニティーをつくる。

“May the source of strength, who blessed the ones before us, help us *find the courage* to make our lives a blessing.”

I hope you find the courage to make your life a blessing.

最後に、私が娘を寝かしつける時に歌う歌を贈ります。

”私たちよりも前に生まれた先祖たちを祝福した強さの源よ、私たちの人生を祝福されたものとするために、私たちが「勇気を見つける」ことを応援してください。”

あなたの人生を祝福されたものとするための勇気が見つかることを願っています。

Mark Zuckerberg’s Commencement address at Harvard

ものごとの原動力

マークザッカーバーグが語っているのは、ものごとをはじめるときの原点を常に忘れないことではないでしょうか。

自分のキャリアがハーバード大学から始まり、ハーバード大学での最初の授業を鮮明に記憶しており、伴侶であるプリシラとの出会いや、一緒にFacebookを始めた友人たちとの出会いの記憶・・・

マークザッカーバーグはどこで取材をされるときも、身近な人とのつながりの力(CONNECT THE WORLD)を信じていると語ります。

自分自身の大切な人とのつながりを記録に残し、大切な人の今を知るというのがFacebookの原点であり、その原点を忘れなかったからこそ、Facebookはたったの13年で時価総額世界5位($440Bn)に、マークザッカーバーグ自身も個人資産世界5位($63.3Bn) になったのでしょう。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長経営顧問実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。東京大学法学部卒。ホールディングス経営および経営顧問業(10社ほど)。プロフィール・会社概要はこちら