カレー作りで人生を学ぶ

記事のシェアOK☆

カレー作りに関して考える

カレーが大好きで、いつも自分でスパイス買ってきてカレーを作っているんですが、カレー作りって、人生のいろいろな出来事と共通しているなと思います。

カレー作りと、セールスレター

セールスレター作るのに、商品知識がたくさんあって、製品に思い入れがあるし、自分はその商品とても大好きだからといって、自分が知っていること全部書こうとすると、「結局いいたいことはなに?」となって、わけが分からなくなってしまう。
テーマやUSPに沿うものだけを粛々とつづらないと。

同じく、カレー作りも、冷蔵庫のあまりものを全部使いたいとか、調味料たくさん種類買ったからといって、全部いれようとすると、どの食材が主役なのか分からなくなってしまう。

たとえば、カレースパイスに、豚肉に、たまねぎに、トマトに、ほうれんそうに、チーズにヨーグルトに・・・と入れていくと、わけが分からなくなる。
たとえばトマトベースだと鶏肉が相性が良いし、たまねぎは豚肉としょうがと相性がいい。
テーマがなんなのか?によって、材料を削ると、それぞれの材料がハーモニーを奏でる

たとえばこのマッサマンカレー!

このカレーは豚挽き肉だからこの食材で合っているけど、これが豚バラだったら、このカレーのテーマを崩した味になっていただろう。豚バラだと、豚が際立ちすぎて、おそらく他の食材の食感を邪魔する。

マッサマンカレーもどき作ってみた!歴代Top3に入る出来栄え!!!ココナッツの甘みのあとに唐辛子の辛さが来て、カシューナッツのカリカリ感、さつまいものホクホク感、ひき肉のジューシー感、玉ねぎのサクサク感、素材の味が全部光った感じ!豚ひき肉黒胡椒岩塩新玉ねぎさつまいもカシューナッツレッドカレーペーストココナッツミルクトマト缶

Posted by Shoichiro Tanaka on 2015年6月26日

カレー作りと、受験勉強

日本史や世界史の論文問題で、知っている知識を華麗につめこんで、よっしゃできたぜ!って満足げに答案用紙を提出しても、
採点官が目を凝らさないと読めない字で、です・ますちぐはぐに書いてたら、たぶん点数がこない。
絶対おいしいよ!って言っても、見た目が悪いと食べてもらえない

試験を作った人が求めるテーマに沿って必要な知識だけをシンプルに美しくまとめないと。
せっかくおいしいのに、見た目が悪いとおいしそうに見えない。見た目も華麗(カレー)にしないとね!

久々カレー作った!ナメック星の人々が食べるような代物ができあがりました。ほうれんそうをペーストにして、半煮えで仕上げたので、生ほうれんそうの香りが引き立つ逸品に仕上がった!見た目は微妙だが、味よし!豚肉しょうがにんにくブラックペッパー岩塩白ワイン玉ねぎインデラカレー青唐辛子ローズマリーバジル有機トマトケチャップほうれんそうマキシドイド豆乳山椒はちみつ

Posted by Shoichiro Tanaka on 2015年5月23日

カレー作りと、社内政治

たとえばたまねぎを水にさらしてから火にかけるのと、水にさらさずに火をかける。
ひと手間違うだけなんだけど、まったく別の効果がでる。
部長に話を通す前に、課長にひとこと声をかける。

ひと手間あるとないのとは、その後の課長との人間関係が全然違うよね
このカレーは、ひき肉をフライパンで炒めるのと、なべで煮込む作業を別々にやらなきゃいけなかったのに、なべでひき肉を炒めて、そのまま水入れて煮込んで失敗したパターン

今日は名付けてうなぎカレー若干焦げ付いてしまい、味が落ちたので、料理もやみくもに火をかければいいってもんじゃないことを知った。過ぎたるは及ばざるがごとし!隠し味に山椒をいれてるのですが、不思議なもんで、出来上がったカレーを食べると、う…

Posted by Shoichiro Tanaka on 2015年3月30日

カレー作りと、自分探し

自分に迷ってしまって、何をしていいかわからなくなったときは、足りないものを探すんじゃなくて、とにかく自分の持っている武器を再発見する。自分の盲点になっている過去の実績が、実は活路を見出すヒントだったりする。
牡蠣鍋パーティーの残り物も、一見カレーにはならなそうだけど、想像で味をまぜあわせて、テーマを崩さない食材を選べば、おいしいカレーになる!

昨日の牡蠣鍋パーティーの残りで牡蠣カレーつくった。いつも頭の中で調味料が混ざりあう味をイメージしながら直感で適当に作るんですが、きょうはうまくいったぜカレー作りは、スパイスが混ざってハーモニーになるときの合気の感じがたまらない!醤油ベースの牡蠣鍋トマト白ワイン黒胡椒バターバジルターメリッククミンコリアンダーシナモンにんにくしょうがイチゴジャム中濃ソース山椒岩塩とうがらし

Posted by Shoichiro Tanaka on 2015年3月16日

そして、カレー作りは続いていく

自信満々な日に作ったカレーが、意外と手順をすっぽかしてしまっていて、食べてみたらまずかったり、逆にナイーブで不安な日に作ったカレーが実は半端なくできがよかったり・・・

カレーは材料が同じでも、その日の調味料の配合や材料の順番1つ違ったらまったく違う味になる、面白い料理です。

そして一度最高の味を見つけたからといって、もう一度同じ味を再現することは一生できない。(いつも目分量だから)

何度も何度も、自己ベストを夢見て、試行錯誤を繰り返す。

僕が生きている限り、真のカレー探しは続くことでしょう。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
カレー作りで人生を学ぶ
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする