ユング影の心理学の理解とビジネスへの応用

記事のシェアOK☆

050328jung

このおじさんの名前はユング。

カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung、1875年7月26日 – 1961年6月6日)は、スイスの精神科医・心理学者で、20世紀初頭の精神分析学の大家です。

このおじさまは、人間は生物的に決まりきった行動パターンを持っていると言いました。

それを「元型」という。元型は「観念」ではなく、「機能様式」のこと。
それはちょうどヒナが卵からかえるような、鳥が巣を作るような、犬が教えられなくても交尾をするような、言い換えれば生きるための『行動パターン』のこと。

元型には自我、影、ペルソナ、アニマ、アニムス、太母、老賢人・・・複数ありますが、ビジネスにおいて重要な元型の1つに、「影」があります。

「影」(シャドウ)とは自分が否定してしまった自分の中の人格のこと

人はさまざまな可能性の中からその時代にあった性質を選んで行動する。
行動するということは2択のうち1択を切り捨てるということ。切り捨てることにより必ず影ができる。
意識において、ある自己イメージが選択されると、それに対立するイメージは無意識に抑圧される。

たとえば、「あの人は嫌い」「こういう性格が許せない」といったように、

影とは個人において生きてこなかったもうひとつの側面であり、意識にとって許容できない自分の暗黒面のこと。

影は無意識の深い部分に閉じ込められている

「影」とは、現在の自分の人格を表現するに当たり、折り合いがつかない都合の悪い部分のこと。

自分の劣等な部分、自分に都合の悪い要素は、「自分」という存在を脅かすものだから、それに気付かなくていいように、潜在意識の中に強く押し込んで見えなくしてしまう(無意識的に行ってしまい、影があったことすら忘れてしまう)。

影は付き合い方次第で、心強い武器になりうる

影と向き合うことは、自分の最も嫌いなものや、トラウマと向き合うのと同じようなものだから、向き合うとき、恐怖を感じる。表面上は拒みたくなる嫌なもの。

幼い頃にお化けが怖かったのと同じように、実際に身体が震えるくらい怖い。

しかし、影響力と言う言葉の語源を考えれば、影を武器として活用していく必要があることに気付く。

影響力とは、影に響く力。

「影響力」という漢字に「影」が入っている通り、

暗さ、憂鬱さ、不安、あせり、怒り、悲しみ、恐怖、欲望・・・

これらの感情をいかに人を成長させるエネルギーに昇華できるか。

それが、人を動かす素質であり、条件となる。

つまり、ビジネスにおいては、影とはあなたが忘れがちな、あなたを証明する大切な記憶となる。

「影」は生きるために切り捨てたあなた自身。その当時はうまくいかなかった欲望、願望のこと。

あなたが影の記憶を取り戻せば、あなたは影に響く力を手に入れる。

影との良好な関係がビジネスで結果を出す条件になる

影と向き合うことにより、失っていた記憶が取り戻される。

穴がぽっかり空いていた人生の部分に、パズルのピースが埋まる。

つまり、人生観が確立し、軸ができる

ムダが減り、盲点が減る。危機管理能力が上がる。

ビジネスのコンセプトにブレがなくなり、ターゲットが明確に絞られる。

いわば、人生のテーマがしっかりと見定められ、誰に対して価値提供すればよいかが明確化する。

経営において、コンセプトを明確化し、ターゲットを見定め、一切のムダを省くことが利益につながることは常識だろう。

影との対話で軸が出来れば、ビジネスはおのずと成長する。

次はどのように影を回収するか?という論点に移ります。

日々の生活をヒントに影を回収する

影を見つけるための手段その1 親しい人たちとの記憶を取り戻す

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟、姉妹…
そして親友やパートナー。親しい人と過ごした記憶が人生を作っている。

素晴らしく輝いている記憶がたくさんあるでしょうか?

逆に、嫌な記憶は思い出せるでしょうか?

きっと、記憶喪失になっている部分があるはず。

だれしもが、「影」を作ることによって、記憶を意識の奥底に押し込む。

小学校入学前の記憶は残っているでしょうか?

忘れているとしたら、それが影の可能性があります。

影の解消が進むと、幼稚園や小学校低学年の記憶を思い出し、

さらに、0~3歳までの記憶までが蘇る。

(お母さんのお腹の中の記憶や、生まれた瞬間の記憶まで蘇ることもある)

原体験のなかに、素質と価値が眠っているのです。

影を見つけるための手段その2 身体の感覚を取り戻す

影との対話に重要なヒントとなるのが、身体。

image (11)

頭蓋骨、脊椎、内臓、肩甲骨・・・

人は身体の組織に影の記憶を保っており、影に対応する身体の部分に不調が起こる。

全身の筋肉を緩め、血行をよくすることで、不調な部分に新たな栄養がめぐり、

不調の解消と共に、影の記憶が蘇る。

そのためには、体の正しい動かし方や、正しい姿勢を知ることが重要。

体の中で不調な部分はあるでしょうか?

不調だとすれば、その部分が影の可能性があります。

影を見つけるための手段その3 五感を取り戻す

その口は自分を偽り、人を欺くためにあるのではなく、自分の存在を証明するためにある。

その耳は人の粗探しをするのではなく、あらゆる可能性を聞き取るためにある。

その目は現実に惑わされるためにあるのではなく、真実を見極めるためにある。

その手は人を傷つけるためにあるわけではなく、人を守り、次のチャンスをつかむためにある。

聴覚、触覚、嗅覚、味覚、視覚。

これらの不調はあるでしょうか?

あるとしたらそれが影の可能性があります。

影の消化が進むにつれて、視力は上がり、よく聞こえるようになり、鼻のつまりがとれ、食べ物の味を心底楽しみ、声にはハリが出て、自信が感じられ、自分に必要なものを見極める眼力を手に入れるというケースがあります。

その他も、さまざまな形で現れる影

いつも同じようなお金の失敗をしていないでしょうか?

いつも同じパターンで人間関係を損なっていないでしょうか?

いつも同じような病気や、同じようなストレスを抱えていないでしょうか?

自滅的な行動パターンはないでしょうか?

食べ物をがつがつ食べるのが気が引けないでしょうか?

嫌いな食べ物はありますか?

嫌いな人物はいますか?

小さい頃からよく見続けている嫌な夢はありますか?

あるとしたら、それは影を投影している可能性があります。

影という制御装置

自分の才能を影とリンクさせて体の奥底に眠らせていると、自信が出ない。

お金に対して無意識のうちに苦手意識を持ってしまう。

自分が稼げる額に制限を設けてしまう。

自分の可能性に制限を設けてしまう。

影とは、潜在的な可能性にも関連するものなのです。

ビジネスの不調と影

決断の質の悪化、ビジネスの不調も、この「影」が関わっている。

影はビジネスにおいて盲点になる。

人間関係の悪化、家族の健康状態の悪化、支出の増加、従業員の事故、病気、取引先の倒産・・・

これらは影を原因として表出する、現実からのサインである。

 人生の制御装置をはずす

影という人生の制御装置をはずすために、なにをすればよいのか?をここまでで見てきた。

本を読んだり、セミナーを聞きに行ったり、自分で自分を掘り下げたり・・・・・

いろいろな手段があるが、実はどんなにたくさんの「勉強」をしても、この影という制御装置は一人でがんばってもなかなか外れない。

そもそも、影は自分の無意識の領域にあるから、その存在自体どこにあるのかすらわからないものだからだ。

記憶を失っている部分が「影」であるから、自覚症状がないのだ。

また、もしあなたの中に、影は一切ないと思っているのであれば、それは勘違い。

影のない人は一人もいない。

影を見落とすと言うことは、人生を変える最大のチャンスを見失っているといってもよいだろう。

人生の制御装置をはずした人と対話をすることが必要不可欠

影は、あなた以外の、第三者にその場所を特定してもらうしか発見する方法はない。

その第三者は、影の回収の経験があることに加えて、身体感覚、認識能力、言語化能力に長けた人物である必要がある。

グローバル企業のCEOがメンターをつける理由はこの点にある。

世界No.1のプロ野球選手がコーチをつける理由も、

世界No.1のプロテニスプレーヤーがコーチをつける理由もこの点にある。

自分の盲点を回収するためには、常に盲点を探し、現実を変えている人と対話するのが最も手っ取り早い。

影に打ち勝ち、結果を出し続けるための「ゾーン」に入る

ゾーン状態とは人生の軸が定まっており、無意識のうちに最適な選択を取れる状態のことである。
結果を出し続けるための習慣が体に染み付いている状態で、
ゾーン状態にいると、これまでの体験や知識が総動員できる。

言い換えると、空の境地や無為自然。
少年ジャンプ風に言うと、スーパーサイヤ人といったところ。

世界トップのプロスポーツ選手や格闘家、
稀代の勝負師、ギャンブラー、トレーダー、
世界トップのベストセラー作家、漫画家、
世界トップの経営者、治療家・・・

結果を出し続けているすべての達人に共通するのは、

繊細な感性を持ち、自分の心と体の「影」とうまく向き合っているということ。

先祖代々の負の連鎖を断ち切る

影との関係は、一度向き合ったからといってなくなるものではなく、永遠に続く関係だ。

関係はなくなるものではないが、一度付き合い方を覚えれば、自分の武器になる。

実はこれは祖父母、両親から代々受け継がれているものでもある。

影との関係は先祖代々無意識に続いてしまっている負の連鎖を自分の代で断ち切り、能動的に自分の創りたい人生を選ぶための登竜門だ。

影に向き合う前は、誰しもがとてつもない恐怖に襲われるが、影の記憶を自分のものにすれば、負の連鎖から抜け出し、未来を選択できるようになる。

影との対話で人生が激変する

花粉症が治ったり、

手術以外では治らないと言われた膝靭帯断裂がつながったり、

幼稚園以来メガネだった人の視力が回復したり、

セミナーが2,3日で満員になったり、

奇跡にも思えることが起きる可能性があるのが影と付き合うメリットであり、魅力だ

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
ユング影の心理学の理解とビジネスへの応用
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする