喉の構造を知って、全身が気持ちよくなる声を出そう。3つの共鳴腔をマスター!

喉の構造を知ると、声が良くなる

カラオケで思いっきり高音を出して、体中、部屋中にきれいに共鳴すると、すごく気持ち良いんですよ。

今回はそんな風に、めちゃくちゃ気持ちいい声を出すために喉の構造を知っていきましょう。

喉の構造上そもそも、声ってどこから出てる?

人間の声は声帯の震えが体の空洞に共鳴して鳴っています。

声帯はここ。

声帯

上から見ると、セクシーな形をしています。

声帯 図

この声帯が振動数を調整して、高い音や低い音が出ています。

喉の構造

声帯で作られた音はどこに響いているのでしょうか?

3つの共鳴腔を知ろう

次に、共鳴腔に関して。声帯で作られた音は、大きく三つの共鳴腔(空洞)に響きます。

鼻腔

赤色で囲ったところが、鼻腔(鼻の中)

鼻腔

口腔

黄色で囲ったところが、口腔(口の中)

口腔

③咽頭喉

緑で囲ったところが、咽頭喉(喉の中)

咽頭腔

3つの共鳴腔をマスターしよう

前頭洞や、蝶形骨洞も、声が共鳴する空洞ですが、上級編なのでまずは上三つをマスターしましょう。

ちなみに、前頭洞や、蝶形骨洞に響かせられると、松果体や下垂体がダイレクトに振動するので、

第三の目が開いたみたいに目がパッチリ、体全体が活性化しますよ♪

共鳴腔を知り尽くすには?

①鼻腔⇒鼻づまりを取る。対策:頭蓋骨を緩める。頭蓋骨の記事参照

②口腔⇒舌の筋肉を使いこなす必要アリ。舌骨の身体感覚を身につける。舌筋の記事参照

③咽頭喉⇒頚椎1番と、後頭骨の関節の身体感覚が必要。喉を開く記事参照

これで、共鳴腔のコンディションを整えましょう。

喉の構造と呼吸法

喉の構造がわかったところで、次は呼吸法です。

声帯と、共鳴腔に響かせるためのよい呼吸とはなんでしょうか?

よく、胸式呼吸、腹式呼吸と言われますが、どちらが良いでも悪いでもなく、

僕は場面に応じてどちらも使うべきだと思っています。

1.胸式呼吸

胸式呼吸は肋間筋や肩甲骨を中心に、肺を広げることで横隔膜の動きを助け空気を生産するやりかた。

肩甲骨に補助される、胸式呼吸は、高音を出すときとか、ロングトーンのときに役に立ちます。

胸式呼吸にかかわる組織(一部)

肋間筋

肋間筋

肩甲骨

肩甲骨

横隔膜

横隔膜

2.腹式呼吸

腹式呼吸は、腹直筋や腹横筋、大腰筋などの腹筋群を使って、腹圧を調節することで、横隔膜の動きを助け、空気を生産するやり方。

低音やビブラートをかけるときには腹式呼吸が役立ちます。

腹筋群

腹式呼吸にかかわる筋肉群(一部)

腸腰筋

腸腰筋

腹式呼吸のときは、仙骨に響くイメージで歌うとよいでしょう。

仙骨はここ↓

仙骨

まとめ:喉の構造を知って全身で声を出そう♪

「腹式呼吸または胸式呼吸で作られた空気の流れを、声帯と共鳴腔に響かせる」

というのが、声を出すときの基本です。

どんどん慣れてきて、共鳴腔だけとは言わず、

舌、唇、後頭部、胸筋、手足の指、仙骨、腸、肝臓・・・

欲張って全身に響かせるような歌い方をすると、響きがとっても気持ちよくて、ヒトカラでも一人で感動しちゃいますよ♪笑