奥深い声を出すための喉を開く歌講座

イイ声を出すために喉を開きましょう

intoku

喉を開くとは?

喉を開くという表現はよく聞きますが、どのようなことか定義されていないように思います。

僕の個人的な身体感覚で説明すると、喉を開くとは、下の三つになるかと思います。

nankogai

①軟口蓋を自由に動かす(茶色部分)

②上咽頭の咽頭扁桃を自由に動かす(緑色部分)

③下咽頭において、食道と気管をしっかり区別して、気管を開く(青色部分)

①軟口蓋を自由に動かす(茶色部分)

nankogai

軟口蓋は上あごの骨についています。上あごを自由に動かすためには、下あごの骨がフリーになっていなければなりません。

したがって、咬筋群を緩める必要があります。

咬筋群は、表面では咬筋、深層咬筋、側頭筋

20130126

深部では内側翼突筋、外側翼突筋があります。

20150523103917674

image-11-121

これらの筋肉の緊張をとることで、上あごと下あごの緊張が取れて、

結果的に軟口蓋が自由に動くようになります。

②上咽頭の咽頭扁桃周辺を自由に動かす(緑色部分)

nankogai

つまり、鼻の奥、喉の上という場所です。

骨で言うと、蝶形骨と、後頭骨と、頚椎一番の関節です。

蝶形骨

o0800045513223281490

後頭骨

o0600060013223280038

環椎(第一頚椎)

o0250025013223278681

つまり、「上咽頭を開きたい」なら、

「環椎後頭関節と、蝶形後頭底結合を自在に動かす」ことができればよいです。

環椎後頭関節

環椎後頭関節はここにあります。

ダウンロード (3)

この関節をフリーにするためには、周辺の後頭下筋群のつき方を体感で覚える必要があります。

e38193e38186e381a8e38186e3818be3818de38293e38190e38293

蝶形後頭底結合

蝶形後頭底結合は、蝶形骨と後頭骨の関節です。

この部分も動かせるようになります。

蝶形後頭底結合

ここが動かせるようになると、視床下部や下垂体周辺の血行が改善するので、

自律神経やホルモンバランスの正常化に役立ちます。

あと、蝶形骨を動かせるようになるということでもあります。

蝶形骨が動くと、眼の周りの筋肉の緊張が取れるので、眼の血行がよくなります。

場合によっては視力が回復します。

②上咽頭の咽頭扁桃周辺を自由に動かす(緑色部分)のまとめ

上咽頭の咽頭扁桃周辺を自由に動かす(緑色部分)ためには、

蝶形骨、後頭骨、第一頚椎の微妙な内部感覚をマスターする必要があるということでした。

③下咽頭において、食道と気管をしっかり区別して、気管を開く(青色部分)

最後に、気管と食道の区別。青色部分。

nankogai

これをうまく行うためには、手で気管を挟んでみるとよいです。

喉の手前が気管、奥が食道なので、食道を手で挟むようにすると、

丸い気管が触れるはずです。

声を出すときに、この丸い気管をつぶさずに、形を保ったまま出すとよく響きます。

頚椎のアーチを整える

気管をつぶさずに声をだすために必要なことは、頚椎のアーチをきれいに描くことです。

ストレートネック

左の首の状態はストレートネック、右の首の状態が正常な状態です。

内部意識としては、頚椎3番4番あたりを前に押し出して、

頚椎一番と七番で後ろに引いている拮抗感覚になります。

s3

これでストレートネックにならずに、綺麗な頚椎のアーチを描けるわけです。

まとめ 喉を開くとは?

というわけで、長くなりましたが、喉を開くということを見てきました。

nankogai

①軟口蓋を自由に動かす(茶色部分)

⇒咬筋群を緩めて、上顎骨と下顎骨をフリーにする

②上咽頭の咽頭扁桃を自由に動かす(緑色部分)

⇒蝶形骨、後頭骨、頚椎1番の関節の身体感覚をつける

③下咽頭において、食道と気管をしっかり区別して、気管を開く(青色部分)

⇒頚椎のアーチを作る

でした!

The following two tabs change content below.