肩甲骨周りの筋肉を一挙に緩めてしまう方法「肩を抜く」

肩甲骨周りを緩める

このイチロー選手の肩のぬきっぷりったら半端ないですよね!

肩を抜く

街を歩いていても、こんなに肩を抜いて歩いている人を見たことがありません。

肩関節を、正しく認識して歩くのはなかなか難しいということですね。

皆さん、ものすごく肩身を狭くして歩いていますよね。

肩関節の作り

i320

肩関節は、肩甲骨と上腕骨と鎖骨によって作られています。

鎖骨を始点として肩が動きます。

胸を張って、気をつけ!は不自然な姿勢

胸を張って、気をつけ!の姿勢になれている現代人は、肩を過緊張させてしまっているんですね。

肩甲骨は肋骨から浮いて付いているわけなので、肋骨という丸い風船を割らないような意識で、

肋骨表面を楕円を描くように滑らせるのが、肩甲骨の正しい使い方です。

横から見るとこんなイメージ

images4

肩関節と肩甲骨を上から見た図

上から見るとこんなイメージ。

photo_2

緊張してしまった肩を「抜く」

胸を張りすぎて緊張してしまった肩を「抜く」ためには、肩甲骨周り、肩関節周りの筋肉の緊張を取る必要があります。

特に、表層ではなく、骨に近い部分の筋肉が緊張しています。

骨に近い部分にどのような筋肉があるかというと・・・

こんな感じです。

jyouwansantoukin

肩関節を滑らせてねじる

肩甲骨と上腕骨を結ぶ筋肉(小円筋・棘下筋・棘上筋)と、上腕三等筋の緊張を一緒に取る方法、

それは肩関節を滑らせて、あらゆる方向にねじることです。

肩関節を正しい位置で滑らせ、ねじることで肩関節周りの筋肉は一気に緩んでいきます。

ただし、肩関節の内部感覚を明確に持つ必要があるので、筋肉のつき方を良く覚えてみてください。

肩甲下筋も押さえる

なお、上図では肩甲下筋が埋もれているので、肩甲下筋も押さえましょう。

kenkoukakin

関節を滑らせて肩を抜くことができれば、肋骨が広がるので呼吸が深くなります。

肩甲骨は舌に、顎関節は肋骨に筋肉でつながっているので、

肩を抜くことで、顎関節や、頭蓋骨の歪みも取れます。

肩こり、首こりは、肩を抜くことですっきり解決ですね☆

全国の読者の皆さんからの質問募集中!

体を緩めるMBA|Mustle&Bone Academy