存在もしない亡霊を恐れて生きることの残念さ

記事のシェアOK☆

きょうは体がだるいから休もうとか、体が痛いからこのくらいでやめておこうとか、

何かと理由をつけて徹底しきらないことってあると思います。

新しいことをはじめるときに出くわす壁

リスクを取って頑張って社会的に結果を出すことを始める前、

新しいことを始める前に、みんな揃ってこう言います。

お金がなくなったらどうしよう、

本音を言って人に嫌われたらどうしよう、

目立って恨まれたらどうしよう、

有名になって殺されたらどうしよう

働きすぎて過労で倒れたらどうしよう

忙しすぎて自分の時間がとれなくなったらどうしよう

体が辛いのに、鞭打って働いて、鬱になったらどうしよう

こういうことになるから、やめたほうがいいよって、ご丁寧にアドバイスしてくれる人もいるでしょう。

壁があるように見えるのはただの勘違い

心配無用!

その心配はただの勘違いです。

心配するだけ無駄です。

大体、いろいろな不安や、体の痛み、モチベーションのなさは、

行動して、実績を出すまで消えないものなのですが、

何かを始める前、人は大体不安の理由を、

起こってもいない未来に押し付けて、その場の不安をどうにか慰めようとします。

突き抜けてみたら、意外に良い

大体、24時間思いっきり頑張ってる人のほうが元気です。

中途半端にいろいろなことに怯えて、諦めて動かない人が不健康になります。

やればやるほど、能力が上がるので、忙しくはならず、時間的には暇になります。

そもそも、お金なくなったら、がむしゃらに働いて稼げば良いし、

ちょっとくらい人に妬まれたって自分がやりたいこと出来たほうが良いだろうし

争いごとになったら喧嘩すればいいし、

働きすぎで体にきたら、がっつり休めば良いし

無我夢中で起こったことに対処していれば、方法はいくらでもある

幻想に惑わされるのはやめたほうがいい

思いっきりやりきれない時の原因は存在すらもしない亡霊に怯えてるだけ。

子供がお化けを怖がって夜中にトイレに行けないのと同じです。

幽霊のせいで、美味しい思いができていないなんて、残念すぎますよね

行ってみたら幽霊なんて出ないし、すっきりするよ

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。東京大学法学部卒。生命と宇宙を感じながら、体を緩め歩いています。街中で見かけたらラッキー。経営顧問を常時10社以上兼任。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
存在もしない亡霊を恐れて生きることの残念さ
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする