世界を動かすためにはまず、自分を動かす3つの遊びを発見しよう

記事のシェアOK☆

眠いとか、休みたいとか、遊びたいとか、テレビを見たいとか、Youtubeを聞きたいとか、音楽を聴きたいとか、
お酒を飲みたいとか、タバコを吸いたいとか、人に嫌われたくないとか、仲良しでいたいとか、安定していたいとか、
痩せたいのにたくさん食べてしまうとか、身体が重いとか、だるいとか、こるとか・・・

様々な欲望や願望がある。こういうのを頑張って、改善しなきゃいけない、我慢しなきゃいけないと思っているうちは、検討が甘い。

我慢とかそういう次元を超えて、

それよりも、もっと没頭できて、もっと実現したい心からの遊びを見つけたときに

あらゆる欲望や願望はどうでもよくなる。

全てのことがどうでも良くなり、全てのことに優先される没頭できる遊びはどこだ?

眠くたって、ドラクエの最新作が出たら、寝ずにプレイし続けるだろう。

もしくは、眠くたって、カラオケオールをしていたら歌い続ける

そのくらい没頭できることを普段の生活で3つ見つけると、

全てのことがどうでも良くなる。

没頭できる遊びは最低3つ作ろう

1つじゃだめだ。1つだけだと隙がある。

たとえば、ブログを書くのがとても楽しくったって、飽きる時間帯はある。

飽きたときに隙が出来る。そこで誘惑に負けてしまって、寝てしまったりする

でも、ブログに飽きたときに、本を読むのが好きなのであれば、本に没頭できる。

でも、それも飽きるときがある。

そんなときは身体の関節をばらして遊ぶ。

ばらして遊ぶのに飽きた頃にブログが書きたくなってくる

3つの遊びがあれば、24時間ローテーションが利く

こんな感じで、没頭できる遊びが3つあると、24時間飽きないで遊び続けられる。

行動し続けることができ、たくさんの失敗と、たくさんの学びが得られる。

そしてそれが将来の収入や、生活の質の向上にダイレクトにつながる。

没頭するだけで全ての豊かさが手に入る。

3つの遊びで身体が活性化されていく

1つしか没頭できるものがない人は、増やす。

すでに3つある人はクオリティを高める。

いつでも、どこでもできる、没頭できる対象が3つあれば、

眠くたって寝ないで済むし、身体もどんどん健康になるし、

エネルギーが使いきれる。

本気の遊びが見つかれば、優先度の低いことはどうでもよくなる

そもそも、身体が悪くなったり、やる気が出なかったり、眠かったりする理由は、没頭できる対象がないから。

本気で取り組み続けられる遊びが3つ見つかれば、

周りの目も気にならないし、誰かにほめられる必要もない。

断ることができ、人とけんかすることも対立することも気にならない。

不安も恐怖もなく、ただただ遊び続ける。失敗も苦に感じない。

3つの遊びに没頭すること以下の、優先度が低レベルな欲望に対しての執着は全くなくなりますよ。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
世界を動かすためにはまず、自分を動かす3つの遊びを発見しよう
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする