スランプに陥ったとき取るべき6つのアクション

記事のシェアOK☆

昨日一日、なぜか眠すぎて20時間くらい寝ていました。

10日間くらい4時間睡眠で、おれもナポレオンになれるのか?と思った矢先の爆睡です笑

昨日一日、ほんとに眠くてやる気がでなかったので、何もせず、寝ながら考えていました。

これがスランプか?と。

自分の目標に向かって、なにかやりたいんだけどなにもやりたくないという葛藤です。

とにかく良く寝て、2、3個ある行動をしたんですが、そしたら復活しました。

スランプのときにとるべき6つのアクション

①20時間寝ることに罪悪感を感じない

大体これまで、長時間寝るときには、知識体系の破壊と再構築が起こっているということを知っているので、

ぐっすり寝ることにしました。

最近人生の目標を数段階高めたので、身体と脳と感情が付いてこれず、混乱したんだと思います。

脳の筋肉痛みたいなものですね。

身体の調子が悪くても、やるべきことがあるときは目が覚めるものなのですが、

そういう問題でもないくらいに眠気が半端なかったので、身体に従うことにしました。

身体は思った以上に自然に、直感的に動いているので、身体の反応を信頼して眠ることにしました。

②漠然としたもやもやを分解して書き出す

いつも、僕はもやっとしたときになにに対してもやもやを感じているのかを書き出します。

今回も、ブログを書き続けることとか、将来の自分の生き方とか、なにか不安があるのか?と思い書き出してみましたが、

実際、仕事でやることはもう決まっており、漠然とした「不安感」があるだけで、理由がないということがわかりました。

今回もやもやしていることはおそらく、日曜の朝、間違えて酵母入りの激辛レトルトカレーを食べてしまったことでした。(酵母アレルギーで6ヶ月制限してた)

身体が毒物に反応して、感情に反映されてたんだと思います。

でも、いつも気をつけているのに、そのときだけ、間違えてミスをはさんだということにも、なんらかの意味があると思いました。

③身体と感情は役立つときもあれば、惑わされるときもあるので、長期的目標を確認する

たいていスランプを感じるときというのは、1日か2日たったら、なんで悩んでいたのかもわからなくなります。

だから、そのときなにをするかが大切。

ゆっくり休み、自分の目標や、毎日すべきことを書き出し、もう一度確認して、

自分の感情や身体の調子のアップダウンで、やるべきことを惑わされないようにすべきということを再確認しました。

あえて間違えて激辛カレーを食べて眠くなってしまったのも、もう一度自分のやるべきことを再確認するためだったのかもしれません。

④頑張っている人たちの本を読んだり、音声を聞く

こういうときは、人の力を借りるのも一つです。

自分が知っている人の中で最も頑張っている人の本とか、動画を見ます。

僕の場合は、ビルゲイツの本を読んだり、スティーブジョブズのスピーチを聞いたりしています。

あとは、今日も安倍総理が忙しそうに動いているのを見て、自分を奮い立たせます笑

首相動静8月3日

⑤どんなときでも、最も重要なやるべきことはやる

いまの自分の生き方の中で、今日書ける最高の質のブログを一日3つ書くということが最も重要な行動の一つになっています。

どんなに身体がだるくても、気分が乗らなくても、これは最重要です。

意外に身体がだるいときとか、気分が悪いときのほうが傑作ができたりするものなので、

もやもやで思考停止せず、もう一歩分析して、一歩先に進み、その先の行動を掴み取る、結果を出すというのが、とても大切な気がします。

といいつつ、昨日は2件しか記事を書いていないですが笑 修行あるのみですね

⑥注意点

スランプに入ったときにやりがちなのが、人に会ったり相談するということなのですが、

僕はこれはあまり効果がないと思います。

会っている間は元気になったように見えるものの、スランプは結局自分の頭で考え、自分の言葉で理由を分析しないと根本解決はしない気がします。

元気な人に元気付けてもらっても、恋人や家族に相談して話を聞いてもらっても、

ひとりになったときにまた落ち込みます。

しかも、一度元気付けられたのが災いして、前よりもっと落ち込みます。

結局逃げずに、自分の目標と、やるべき行動を自分の言葉で見極め、スランプの原因と対処法を見出すまでは、もやもやは解決しないと思います。

人に会うと一見元気になる気がするので、やりがちなんですよね。

僕はいつもスランプのときは人には相談せず、自分自身と対話することにしています。

まとめ:モチベーションは自分で作るもの

つらくても、不安でも、いらいらしても、自分の目標に向けて必要な行動を必ずとっていれば、2,3日後にそうしてよかったと実感するものです。

スランプで、混乱して機能停止になり、なにもできないというのが一番まずいです。

止まっていても問題は解決されないので、問題を分解して一歩先に進むことが重要です。

寝るとか、書き出すとか、歌うとか、目標にしていることが書いてある本を読むとか、目標にしている人の動画を見るとか、なにか一つずつ動くための対策を持っておくと便利です。

モチベーションは自然に上がることはありません。

モチベーションは自分で作っていくものです。

自分で頭を振り絞って、言葉を編み出して解決するしかない

誰かに当たったり、人のせいにするのも進歩がありません。

自分に対して漠然とした罪悪感を感じるのも意味がありません。

最もやるべきは、自分の漠然とした不安を、書き出すことで細分化し、

現在の不安の原因を特定し、対策をとりながら、

長期的な目標からは目をそらさず、惑わされず、やるべきことをやること。

これを自分の代わりにやってくれる親切な人は誰もいません。

自分で頭を振り絞って、言葉を編み出して解決するしかありません。

そうすれば、スランプは数時間、数日で過ぎ去ります。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。東京大学法学部卒。生命と宇宙を感じながら、体を緩め歩いています。街中で見かけたらラッキー。経営顧問を常時10社以上兼任。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
スランプに陥ったとき取るべき6つのアクション
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする