世界一は毎日の暮らしの、目の前の仕事の中に生まれる

記事のシェアOK☆

最もユーザが熱狂するサービスはなんだろう?

面白いビジネスはなんだろう?

面白い遊びはなんだろう?

面白い生き方はなんだろう?

面白さとは「細部へのこだわり」

僕は面白さというのは「細部へのこだわり」だと思っています

たとえばレオナルドダヴィンチは人の絵を描くために、人の筋肉や内臓の付き方が気になり、数十体の死体を解剖したといいます。

レオナルドダヴィンチ

人の体内まで事細かに描写できるようになって初めて、顔や身体の絵が書けるということを知っていたのでしょう。

レオナルドダヴィンチのモナリザも、僕は内臓まで描写しているのではないかと想像しています。

一見無駄のようでもあり、必要なさそうな細部に関して没頭できるとき、それは最高の遊びであり、最高の生きがい、人生をかけられる仕事になると思います。

経営コンサルティングの細部へのこだわり

僕も経営コンサルティングをやっていますが、経営コンサルティングには意味のないような解剖生理学や、神経科学や気功もろもろ健康関係の知識と経験をつけています。

ビジネスの上で必要なのは目標達成ですが、表面だけを見ていてはその学びのスピードには限界がきます。

身体構造や生理学を知っていけば、さまざまな知識が紐付き、学びのスピードが10倍にも、100倍にもなります。

人はどのようにできていて、どのような構造で出来ている人がどのような考え方をするのか?がわかれば、行動心理は身体の自然な成り行きや、水の流れ、星の動きにも似通っていることがわかり、新たな発見が起こるわけです。

細部を知った上で、全体に立ち戻ったとき、シンプルさが生まれます。

真のシンプルさは複雑さを越えた先にあると思うのです。

常に世界一のクオリティを目指す

僕はほどほどを目指すことに興味がなく、常に世界一を目指しているので、細部への半端ないこだわりを持っています。

でもそうやって遊んでいると、ほんと楽しいです。

カラオケも、部屋で歌っているんじゃなくて、横浜アリーナで10万人を前にして歌っていると思えば、緊張感が出ますし、歌はうまくなります笑

感動品質にこだわる

日々の作業を行うときにどれだけ大きな目標を掲げて目の前に取り組んでいるかで、

必要とされるこだわりのレベルや、細分化のレベルが変わって来ると思います。

そもそも僕が会社員を辞めた理由は、「顧客の感動のプロセスを全て管理したいから」でした。

せっかく感動して買ってもらったのに、その後さらなる感動を与えられず、我に返られてしまうのが、残念でなりませんでした。

なので、自分でサービスのプロセスを全て管理すれば、感動の品質も管理できると思い、独立しました。

現在もウェブサイトやブログ、電子書籍含めて、全ての品質を自分の手で管理しています。

面倒くさいと思っているうちは本気になっていない

こういったことを聞いて、面倒くさいとか、自分はそこまでは疲れちゃうからいいやとか、そこまで高い目標は自分の能力では無理だとか、

そんなことを思う人がいるかもしれませんが、

こだわるために必要なのは体力でも能力でも経歴でもないです。

ただ単に、本気で生きるかどうかの話です。

中途半端に力を抜いていたら、

死ぬまで全力を出さずに生きることになります。

潜在能力があっても意味ないんですよ

自分が生きているすべての力を一瞬一瞬出し切る。

その繰り返しがたまらなく面白いんです。

目の前の仕事を世界一に仕上げる

仕事をするときに、自分の目の前の仕事を世界一に仕上げると考えたら、

その周辺の無駄にも思えるようなことを突き詰めたくなる。

表面に見えない背後事情を突き詰めることによって、表面に出てくる情報の深みが変わってきます。

世界一を目指すとはつまり、いまここで、自分の全力を超え続けること。

「もうこれ以上はムリだ」と思ったときにあと一歩こだわる。

その繰り返しで、常に世界最高品質を目指し、目の前の仕事や目の前の人に向きあっていけば、

気付いたときには思わぬ高みにのぼっていることでしょう。

“Der liebe Gott steckt im Detail”

アビ・モーリッツ・ヴァールブルク

”神は細部に宿る”  アビ・ヴァールブルク (Aby Moritz Warburg ドイツ美術史家 1866-1929)

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
世界一は毎日の暮らしの、目の前の仕事の中に生まれる
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする