月間300万PVのブログを作れば、六本木の東京ミッドタウンを3700億円で買うのと同じ

記事のシェアOK☆

2003422日に開業した六本木ヒルズの来場者数は年間4500万人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2007年3月30日に開業した東京ミッドタウンの来場者数は年間3000万人

東京ミッドタウン

2007年4月27日に開業した東京駅の新丸ビルの来場者数は年間2500万人

新丸ビル

2012年4月26日に開業した渋谷ヒカリエの来場者数は年間2000万人

渋谷ヒカリエ

客単価はそれぞれ約1000円/人なので、年商は来場者数×1000円です。

2014年度JR東日本駅の乗降者数TOP10

JR乗降者数

こちらは2014年度の1日あたりのJR駅乗降者数TOP10です。

たとえば、新宿の駅前に10坪くらいのラーメン屋を持っていたとしたら、

1日500人入れば売上は地域トップクラスだそうです。

月間15000人,年間18万人です。

インターネット上の資産は不動産と同じ

インターネットのすごさは、個人で始められるにも関わらず、不動産を持っているのと同じようなインパクトがあることです。

月間10万PV集客するブログは、新宿駅前にラーメン屋を持っているのと同じ集客力だし、

月間300万PV集客するブログは、東京ミッドタウンに土地を持っているのと同じ集客力なんです。

利益も大体不動産とインターネットだと同じくらいになる

東京ミッドタウンが年間3000万人の集客で約300億円の売上です。

純利益で言えば、おそらく5%くらいでしょう。15億円だとすると、月収約1億2千万円になります。

インターネット上のメディアで月間300万PV、2%が商品を購入するとして、6万人。

1人あたり月2000円使ってもらえれば、月収1億2千万円です。

必要な費用は天と地の差がある

キャッシュフローは同じにもかかわらず、ミッドタウンの総工費は3700億円。

2002年2月に土地を取得して2007年3月末に開業。5年1ヶ月かかりました。

インターネット上のメディアの構築であれば、かかる費用はサーバー費と通信費が月1万円。

広告費は使っても使わなくてもよい。

本気でやれば、月間300万PVまで2年くらいでしょうか。

インターネット上の資産を不動産と考えれば、取る戦略は変わってくる

不動産であれば土地の数が決まっており、売買にも多額の費用や法的な手続きが必要です。

しかし、インターネット上の資産であれば、クレジットカードでサーバー費用とドメイン費用を支払えば終わりです。

さらにアイデア一つで新しい土地を作ることが出来ます。

4つのビッグブログを運営していれば、仮想空間に東京ミッドタウン、ヒカリエ、六本木ヒルズ、新丸ビルを持っているのと同じということです。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
月間300万PVのブログを作れば、六本木の東京ミッドタウンを3700億円で買うのと同じ
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする