メンターなんて必要ない?

記事のシェアOK☆

よく、成功するためにはメンターが必要と言われますよね。

メンター神話の問題点

メンターを見つけたときから人生が大きく変わったとか、

メンターなしにはここまで大きな成果を挙げられなかったとか、

メンターを賛美するいろいろな言葉があります。

でも、良く考えてください。

成功するためにはメンターが必要と言い始めたのは誰なんでしょうか?

・・・・・・・

それは、メンタービジネスをしている人たちです笑

「成功するためにメンターが必要」はマーケティングのために作られた言葉

講師とか、コーチとか、コンサルタントとか、メンターとか、

メンターに近い職業はたくさんあります。

この人たちが、メンタービジネスの需要を作り出すために作った言葉が、

「成功するためにメンターが必要」

という言葉なんです。

「成功するためにコーチが必要」

「成功するためにコンサルタントが必要」

というのも同じく、マーケティングのために作られた言葉です。

成功するためにメンターは必要ない?

実は、メンターがいなくても成功します。

アイデアを得るためには

インプットとアウトプットと、定期的な自分自身のメンテナンスが必要と、以前のブログで書きましたが、

メンターは神でも仏でもなく、

インプットする情報のうちのほんの一つです。

インプットアウトプット

この図の左側の体験の一つです。

メンターは情報を持っているかもしれない

いわゆる「メンター」は

インプットの仕方や

アウトプットの仕方や

ブラックボックスのメンテナンスの仕方の

情報を持っているかもしれません。

しかし、「メンターに出会ったから成功する」わけはない

メンターはあくまでインプットする情報の一つであるだけ。

だから、別にメンターがいなくても成功する人は成功しますし、

メンターなんて必要ないとも言えるわけです。

今の自分に必要な情報が本当に得られるのか?

目標達成や業界知識、問題解決や組織運営・・・ビジネスにはいろいろな要素があります。

今の自分に足りない要素をピンポイントで得るために、メンターを活用するのです。

情報は探せばどこにでも転がっている

ビジネスに必要な情報は、

競合のウェブサイトにも転がっていますし、

実際に競合の店舗に足を運んでも良いですし、

インターネットにも転がってますし、

本の中にもありますし、

自分で情報を取りに行こうと思えば、無数に存在するわけです。

必要な情報は既に揃っている

成功している人に直接話を聞かなくても、その人のビジネスモデルと考え方は、あらゆる形で表現されています。

必要な情報はすでに揃っていて、それを読み取れるかどうかです。

自分を成長させるのはメンターではなく、自分しかいない

実際のところ、自分を成長させるのはメンターではなく、自分自身です。

「メンターなんて必要ない」

「自分を成長させるのは自分しかいない」

「自分に必要な情報は自分で特定し、自分で取りに行く」

というのを基本にしておくとよいですね。

基本を守ったうえで、素敵な出会いができたのなら、それは素晴らしいことでしょう。

メンターなんて必要ないと思っているくらいのほうが、きっとメンターを活用できますね☆

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
メンターなんて必要ない?
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする