頭蓋骨と肋骨を分解して、固い頭皮をやわらかくする方法

今日発見した新しい頭蓋骨の動かし方をメモしておきます。

難しい前提で書きますが、頭蓋骨や肋骨は分解して動かせるんだということを知っておくのはよいことだと思います。

頭皮が固い

昨日美容院に行って、頭皮が固いといわれました。

パソコンをやっている人や目をたくさん使う人は頭皮が固くなるそうです。

そこで、頭皮の柔軟性を上げる動きを探しました。

頭蓋骨を上下二つに分解して動かす

今日の新しい頭蓋骨の動かし方発明はこうです。

頭蓋骨を上部と下部に分解して、それぞれ逆方向に回すんです

頭蓋骨

すると、蝶形骨を境に、頭蓋骨の上部と下部が離れるように動いて、頭蓋骨内部の柔軟性が上がります。

逆もやるとよいです。

頭蓋骨a

同じ要領で肋骨も

頭皮の固さは肋骨の固さからも来ているので、

同じように肋骨も上部、下部にわけてそれぞれ逆方向に動かします。

肋骨2

例えば、胸椎3番あたりで分割すれば、肺や胸腺周りが緩みますし、

胸椎7番あたりで分割すれば、脾臓や胃の調子が良くなりますし、

胸椎9番あたりで分割すれば、肝臓の調子がよくなります。

肋骨

肋骨を分解することによって、間接的に内臓を動かし、血行改善するということです。

思った以上に繊細に体は動かせる

頭蓋骨を複数個に分けたり、肋骨を複数個に分けることで、

柔軟性が上がり、内臓機能が高まります。

組織を細分化して捉えることは、

自律神経などの神経系や、ホルモンのような内分泌系の機能を高めるのに一役買いますね。