利き足と反対のシュートの威力や精度が低いのは、腹筋や大腰筋の強度がアンバランスだから

記事のシェアOK☆

プールに行って気付いたんですが、

右足で水を蹴るときには力が入るのに、左足で水を蹴るときには力が入らない。

これはなぜか?と思い、しばらく何回も水中でローキックをしていました。

どこの筋肉のバランスが悪いのか?

最初は左右の足の筋力の違いかと思っていたのですが、

どうもそうではなくて、

別の部分のバランスが悪のか?と思い、何度も蹴っていると、

左右の腹筋の強さに大きな違いがあるということがわかりました。

腹筋の分類

腹筋は腹直筋、腹横筋、外腹斜筋、内腹斜筋で出来ています。

腹直筋

このうち、左側の腹横筋、外腹斜筋、内腹斜筋だけ、筋力が弱いことがわかりました。

大腰筋もうまく使えていない

また、左側だけ、大腰筋がうまく使えていないこともわかりました。

大腰筋

サッカーでも右足、左足のシュートの精度や威力が違うのは、

この部分の筋肉のコントロールの精度が左右で違うからなんだなと、

水中ローキックをしながら、学んだのでした。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
利き足と反対のシュートの威力や精度が低いのは、腹筋や大腰筋の強度がアンバランスだから
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする