歯軋りを止める方法。鼻の裏は空洞になっているので、歯を食いしばっても意味がない

記事のシェアOK☆

夜歯軋りをしたり、普段歯をかみ締めて、奥歯が擦り切れている人に耳寄り情報です。

歯を噛み締めても、何もない

普段常に、顎に力が入っている方は、おそらく、顎の中心になにか筋肉があって、そこに力を入れているという体感を持っていると思います。

しかしながら・・・!

あごの間は空洞になっていて、骨も筋肉もないんです。

顎関節2

後ろから見るとこうなっています

顎

鼻の裏にはなにもない

歯をかみ締めている人は、感覚的に、鼻の裏あたりに「何かがある」と思って歯を強くかみ締めていると思います。

でも、頭蓋骨を見てわかるとおり、鼻の裏には骨も筋肉もなく、空洞になっているのです。

空洞になっていることを知れば、顎の力が抜ける

鼻の裏が空洞になっているということは、体感上力を入れていると思っている部分には筋肉も骨もなく、

力は入らないということがわかります。

そうすると顎の力が抜けます。

顎の力が抜けると、鼻がスーッと通って、頭が軽くなりますよ☆

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
歯軋りを止める方法。鼻の裏は空洞になっているので、歯を食いしばっても意味がない
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする