起業・自営業は誰かと一緒にやるものではない

記事のシェアOK☆

起業するときの注意点を一つ紹介します。

それは「誰かと一緒にやってはいけない」ということです。

これはどういうことかというと、例えば、商品やサービスのコンセプトを決める際、

ブランドやコンセプトのオーナーは絶対に一人でないといけないといけないということです。

何かを始めるときに一緒にやりがち

新しいことをはじめるときに、不安や焦りで、人をたくさん引き連れないといけない気になったり、

細かいところまでの詰めの作業を一人でやらなかったりします。

船頭多くして船山に登る

たとえば、内閣総理大臣が2人いたら、指揮命令系統がよくわからなくなりますよね。

ミスチルのボーカルが桜井さんのほかに2、3人いたら、よくわからなくなりますよね。

自分が提供する一番の価値を作る人は1人じゃないといけないということです。

「船頭多くして船山に登る」とは、指図する人が多いと方針の統一がはかれず、物事がとんでもない方向にそれてしまうという故事成語です。

複数いるように見えても、コンセプトは一人で考えている

AKBは主役が何人もいるように見えますが、AKBが提供する一番の価値であるその世界観は、秋元康さん1人で作っていると思います。

何人も主役が交代するのは枝葉で、幹となる「会いにいけるアイドル」「クラスにいそうな女の子」「努力・根性・競争」といったコンセプトは秋元さん以外には作れないということです。

同じように商品やサービスのコンセプトも1人で決め、1人で推し進めるべき

起業して組織を創るにしても、組織の方針や、どんなお客さんに来てもらうか?どんなサービスをどんな方法で提供するか?といったビジネスの詳細にいたる部分まで、

流れや仕組みを作る人は2人以上いてはいけないということです。

2人以上そういう人がいた場合、

読者側から見て良くわからないブログになったり、

お客さんから見て良くわからない会社になってしまいます。

ビジネス設計ができるのは、生み出した人だけ

ビジネス設計はビジネスを作り出した人以外にはできないということです。

事業承継がうまく行かない理由や、

オーナー社長が退任したあとに会社が傾きやすいのもこの理由です。

事業承継する場合には、次のビジネス設計者が、オーナー社長を越える個性で新たな世界観を定義する必要が出てくるということです。

自分の1番の武器は自分以外が考えることができない

自営業や起業をする際、自分のこれまでのスキル、ノウハウのなかから、

業界1位になれるカテゴリーを探すと思います。

業界1位になれるスキルとノウハウを、さらに育て続けるプラットフォームを創るのがビジネスです。

ビジネス設計の責任は誰にも譲ってはいけない

コンサルティングを頼む場合も、情報だけをもらうという姿勢が必要です。

従業員を雇う場合も、ルールやコンセプトに従ってもらうという姿勢が必要です。

この点に関して、相手の意見を尊重するという柔軟な姿勢を見せる必要はありません。

ビジネスのコンセプトとビジネス設計に関しては、誰にも譲ってはいけないんです。

ユーザーから見たシンプルさを追求すればするほど、共同代表は分裂する

ユーザから見たシンプルさ、ビジネス設計の体系化を考えた場合に、

共同代表というのはありえません。

2人の人間が同じ方向を向いていたと思っても、

コンセプトを磨けば磨くほど、その間の大きな開きがあることに気づきます。

別のビジネスでも良いくらい、2人の距離は離れてしまうんです。

共同代表をする場合は、コンセプトがはっきりしていない場合が多いと思います。

そのうち離れると予測して、最初だけ一緒にやるというイメージでしょう。

誰かと一緒ではなく、孤独に突き進むという気概が重要

つまり、大まかなビジネスの流れを考えるところから、

細かい詰めまで、ビジネス設計の全責任を負えるのは1人しかいないということです。

孤独に突き進むという気概が重要です。

特に組織の小さいうちはなおさらです。

ビジネスオーナーは自分以外にはできないと思って、最初から最後まで作り上げる気を持っていないと、

時間を浪費したり、足元をすくわれることになります。

共同代表はじきに別れる運命にある

スティーブジョブズとスティーブウォズニアック(Apple共同代表)

スティーブジョブズ

スティーブウォズニアック

ビルゲイツとポールアレン(マイクロソフト共同代表)

3ビルゲイツ

ポールアレン

マークザッカーバーグとエドゥアルドサベリン(フェイスブック共同代表)

マークザッカーバーグ

エドゥアルドサベリン

共同代表は会社が成長するタイミングで袂を分かちます。

社長が孤独というのは、全世界共通なんですね。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
起業・自営業は誰かと一緒にやるものではない
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする