消費税が上がったら、きちんと価格に転嫁しましょう

記事のシェアOK☆

事務所に消費税転嫁に関するアンケートが届いた。

image

簡単に説明すると、

平成26年4月に消費税が5%から8%に上がったけど、上がった3%分の消費税をちゃんとお客さんからもらっていますか?

というアンケートだ。

消費税の増税分を請求しない会社なんてあるのか?

上がった3%の消費税を取引先からもらわないなんていう業者なんているんだろうか?

このアンケート意味あるのかな?と思って調べてみたのだが、

実は、なんと、アンケートを提出した企業のうち、37.2%もの会社が増税分の消費税を全額請求していないというのだ。

価格転嫁に係る実態調査

消費税転嫁

引用:中小企業における消費税の 価格転嫁に係る実態調査 (第1回) 調査結果

任意返送のアンケートなので、困っている企業ほど、アンケートに答えやすいということはあるものの、

いくらなんでも37.3%の企業が増税を肩代わりして利益を減らしているというのはまずいだろう。

増税分を肩代わりしたら、経常利益が3%減る

増税分を肩代わりしたら、経常利益が3%減る。

これは会社の利益が3%減ったということだから、えらいこっちゃだ

売上を2.5倍にしないと増税分を取り返せない

経常利益率は平均して5%くらいだと思うので、

3%売上が減ったら、経常利益は2%になる。

売上を2.5倍以上にしないと元が取れない。

こんなことを甘んじて受け入れる会社があるということにビックリした。

増税分を請求できない理由その①

増税分を請求できない理由があまり想像できないが、

ただ単に言いにくいとか、言ったら関係を切られそうで不安とか、そういう理由で言わないだけだろう。

増税分を請求したら取り引きが終了してしまうような関係だったら、もともと良い関係ではないので、関係を切ったほうが良いだろう。

増税分を請求できない理由その②

また、3%値上げしないほうが売れるんじゃないかという希望を持って価格を上げていない会社もあるのかもしれない。

けど、3%の損失は先ほども触れたとおり、売上を2.5倍にしないと取り返せない。

3%の価格差で売上が2.5倍も増えるとは思えない。

増税分はきちんと請求しましょう

増税分を請求できていない会社は売上5000万円未満、従業員数5人未満が多いそうなので、

もしかしたら、このブログを読んでいる人の中にもいるかもしれない。

消費税10%への増税は2017年4月から。

きちんと増税分を請求しましょうね!

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
消費税が上がったら、きちんと価格に転嫁しましょう
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする