「売上を増やす」と「利益を増やす」は180度違うものである

記事のシェアOK☆

売上を増やすことはよいことだと思いますか?

正解は半分YESで半分NOです。

なぜ売上を増やすのか?

そもそも、企業はなぜ売上を増やすのでしょうか?

なぜ売上を増やすのか?

それは利益を増やすためです。

利益を増やすために売上を増やす

なんだ当たり前のことじゃないか。と思った方がいると思いますが、

当たり前のことができないことが多いのです。

「売上を増やす」と「利益を増やす」は180度違うものである

これは人の認知の仕組みのようなものでしょう。

売上を増やそうとしている人は99%、利益のことが頭にありません。

利益は確認するくらいで、重要視はしていません。

売上を増やそうと考えている人は企業経営において、間違った行動を取ってしまいます。

利益が減っても、売上を増やそうとするからです。

売上を増やすために間違った行動を取る例①

たとえば、売上を増やすために新しいウェブサイトを作ろう!と意気込んで30万円業者に支払ったとします。

利益率が5%だとして、30万円の利益は、売上に換算すると600万円です。

そして、ウェブサイトのコンセプトやマーケティング戦略やコピーライティングを業者に丸投げします。

それは売上600万円をどぶに捨てているのと同じことです。

広告費を30万円かけたら、売上を最低600万円増やさないと赤字なんです。(利益率5%の場合)

売上を増やすために間違った行動を取る例②

たとえば、新規開拓をしよう!と意気込んでいる営業部門があるとします。

新規のお客さんの獲得コストは既存のお客さんのアップセルコストの約10倍と言われます。

なので本来であれば、新規のお客さんを1人追いかけているうちに、既存のお客さん10人に商品を買ってもらえるんです。

なぜ既存のお客さんがもっと買いたくなるような提案を考えないのでしょうか?

売上を増やすために間違った行動を取る例③

たとえば、リラクゼーションサロンがうまくいっているから、もう一店舗だそう!という人がいるとします。

店舗が分散した瞬間に人材育成コストや固定費も二倍になります。

でも、利益はすぐに2倍にはなりません。

店舗を増やさなくても、既存店舗の経営効率を2倍にするほうが簡単なんです。

「売上を増やす」は「利益を増やす」の必要条件だが、十分条件ではない

売上を増やそうと考えている人は、企業経営において、間違った行動を取ります。

利益を増やそうと考えている人は、企業経営において、正しい行動を取ります。

利益を増やそうとしている人は必要があれば売上も増やします。必要がなければ売上は増やしません。

利益を増やそうと考えている人は、自然と売上が増えることは多いですが、

売上を増やそうと考えている人の利益が自然に増えることはほとんどありません。

当たり前なのですが、売上を増やしたから利益が増えるわけではないからです。

利益を増やすことから目をそらしていると、知らぬ間に窮地に追い込まれている

利益を増やすということは、自分の行動を全て洗い出して、自己否定をしなければいけない作業です。

売上を増やすだけであれば、これまでの成功したやり方を横展開するだけでよいのです。

利益を増やすということはたいてい、嫌な作業、面倒くさい作業なんです。

でも、そこから目をそらしていると知らぬ間に窮地に追い込まれます。

利益を増やす人は、売上を増やす人の2倍の景色を見ている

売上を増やすと考えている人がなぜ窮地に陥るか?

その理由は見ている景色が半分しかないからです。

利益を増やすと考えている人が見ている景色の2分の1しかありません。

利益を増やす=売上を増やす+コストを減らす

利益を増やすとは利益率を上げることであり、

そこには売ることと節約することの両方が含まれるからです。

お金や人を使わずにお金を増やすということが、利益を増やすということです。

利益を増やす=お金や人を使わずにお金を増やす

お金は使ったら増えるのではありません。

お金は使わなかったら増えるんです。

当たり前ですが。

でも、こんなに簡単なことだけど、案外徹底できないものなんです。

営業部門と財務部門が分かれていたり、

投資家と経営者が分かれていたり、

出るお金と入るお金をどちらも管理している人はさほど多くないからです。

利益至上主義を貫く難しさ

お金を使う誘惑はいたるところに転がっているので、24時間気をつけていないと、すぐにお金は飛んで行きます。

どんな小さな額のお金でも投資対効果を計算しているか?

毎日一瞬一瞬、1円まで計算しているかどうか。

1円が落ちていたら拾うかどうか?

そのくらい徹底していなければ、利益至上主義にはなれないでしょう。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
「売上を増やす」と「利益を増やす」は180度違うものである
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする