秋の眠気の対処法。季節の変わり目には睡眠が浅くなりやすい

記事のシェアOK☆

季節の変わり目ってなんだか眠いですよね。

季節の変わり目に関わらず、いつも眠いだけかもしれませんが・・・笑。

でも、ちょっとくらいは季節の変わり目も関係している気がするので、季節の変わり目と睡眠の関係について調べてみました。

季節の変わり目は気温変化で自律神経が大忙し

最近の天気は、昼間が夏くらい暑くて、夜は半そでじゃ寒いくらいの日もあります。

気温は10度くらい上下するでしょうか。

これって、体にとってビックリするくらいの変化みたいです。

体温を下げたり、上げたりで大忙し。

体温は昼間上がって夜下がる

体温変化

人の体温は昼間上がって、睡眠時に下がるのが自然な変化です。

起きている間は気温の変化に体は付いていけるのですが、

問題は寝ているときの体温調整みたいです。

夜体温が下がると熟睡できる

深い睡眠を実現するためには、体温を下げる必要があります。

しかし、季節の変わり目はある理由で体温が下がりきらないみたいです。

薄着をしていると夜中身体が冷えすぎる

昼間暑いから、パジャマはいまだに半そで半ズボンなんていう方も多いのではないでしょうか。

体は起きている間、体温を上げて、寝るときは体温を下げようとします。

自律神経が体温を調節しているのですが、

寒くなっているのに、服装を変えず、布団の厚さも変えないから、

睡眠中に、身体が冷えすぎてしまうみたいです。

眠りの浅さが続いて、昼間も眠くなる

体温を下げたい睡眠中に、体温が下がりすぎてしまう。

⇒体温を上げようとして、眠りが浅くなる

というメカニズムで、秋は眠いのかもしれません。

体が冷えすぎると眠りが浅くなる

夏暑いからといって、クーラーをつけて寝ると冷えすぎて熟睡できないということも、

経験則としてはある気がします。

体は冷えすぎると眠りが浅くなるという法則があるのかもしれません。

季節の変わり目は、気持ち暖かめにして寝ると良いかもしれませんね!!!

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
秋の眠気の対処法。季節の変わり目には睡眠が浅くなりやすい
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする