なぜ専門分野の本を100冊読まないのか?

記事のシェアOK☆

日本橋の丸善に行くと、

経営戦略、金融、数理学、統計、医学、法学、デッサンの仕方から漫画の描き方まで・・・

どんな分野の本も100冊くらいあります。

ここにある本を全部読んだら、どんなにいろいろなことができるようになるんだろう?とワクワクします。

なぜ専門分野の本を100冊読まないのか?

なぜ皆、自分の専門分野の本を100冊も読まないのだろう?と不思議に思うことがあります。

せっかく世界各国の人たちが、たくさんのサンプルを検証して、

統計的な優位性を判断し、理論を確率しているのに、

その研究結果を日々の暮らしに活用しないのはとてももったいないことです。

疑似科学本ではなく、本物の学術研究に触れるとインスピレーションが湧く

○○でガンが治る!とか、

○○で儲かる!とか

エビデンスに乏しい疑似科学本を読まずに、

ノーベル生理学・医学賞や、ノーベル経済学賞を取った人の論文や本を読んでみてください。

きっとインスピレーションが湧くと思います。

難しい本のほうが、かえって簡単に理解できることもある

なにかを理解しようとするとき、

簡単に説明されてしまうと、かえって難しくなり、なにもわからないことがあります。

難しい本を読んだほうが、簡単にわかるということも、結構ありますよ。

1冊だけ読もうとすると覚えられないが、100冊読もうとすると、10冊分くらいはすんなり頭に入る

新しい分野を学ぼうとするとき、1冊の本をじっくり読もうとすると、情報量が少なすぎて覚えられません。

しかし、10冊ぱらっと読むと、キーワードが頭に残ります。

結果的に、1冊をじっくり読むよりも、10冊をぱらっとめくったほうが、身にしみるわけです。

100冊読めば、10冊分くらいは頭に残ります。

専門家ならば、その分野の本はくまなく読んでおくべき

運動指導や整体をしているのであれば、解剖学や生理学コーナー

漢方をやるのであれば、東洋医学コーナー

声楽をやるのであれば、解剖学や、音楽コーナー

写真家をやるのであれば、デッサンや、美術コーナー

経営をするのであれば、経営学、経済学コーナー

投資をするのであれば、金融工学、統計学コーナー

なんらかの専門を目指すのであれば、本を読むことで大きな支援を得られます。

専門化するということは99%を捨てることとも言えますが、

捨てる勇気も、本からもらえますよ。

時を告げる人から、時計を作る人への脱皮

スタンフォード大学経営大学院のジェームズコリンズ教授は、

【時を告げる人】ではなく、永遠に時を告げる【時計を作る】ことこそが、究極の作業だと言います。


ビジョナリーカンパニー

正確に時を告げるのは、自分が生きているときに出来ますが、

自分がいなくても、皆のために時を刻み続けるシステムを作り上げることこそ、醍醐味だというのです。

空いた時間を読書に使う重要性

時計を作るためには、最高の材料を調達する必要があります。

ニュートンが巨人の肩に乗るという表現を使いましたが、

本屋はまさに、巨人の肩に乗るための最高の場所です。

毎日でも行きたいくらいです。

ぜひ、疑似科学ではなく、真の知恵に触れてみてください。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。東京大学法学部卒。生命と宇宙を感じながら、体を緩め歩いています。街中で見かけたらラッキー。経営顧問を常時10社以上兼任。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
なぜ専門分野の本を100冊読まないのか?
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする