勝負に勝ち続けたいなら情報強者になるべし

ビジネス力の差とはなんでしょうか?

なぜ収入の多い人と少ない人がいるのでしょうか?

ビジネス力の差は情報力の差

ビジネス力の差のひとつは情報力でしょう。

どの企業も、多くの場合、従業員よりも社長のほうが稼いでいます。

なぜでしょう?

社長は社員よりもより多くの情報を持っている

社長と社員の能力は多少はあれど、5倍10倍も違うことはないはずです。

しかし、収入は5倍10倍違います。

その違いは何でしょうか?

社長が持っているのは情報です。

たとえば、営業マンが、企業の情報システム部の係長としかしゃべれないのに対して、

社長は相手企業の情報システム部長、財務部長や社長と対等に話すことができます。

自営業者で稼いでいる人は情報強者

自営業者のなかでも稼いでいる人と、稼いでいない人がいます。

なにが違うのでしょうか?

稼いでいる人は専門家です。自分の分野に関する得する情報をたくさん持っています。

稼いでいない人はオールラウンダーです。浅い情報は持っていますが、これといって突き抜けた情報を持っていません。

経営コンサルタントの時給が高い理由

マッキンゼーやボストンコンサルティングのコンサルタントは、1人月で1000万円くらい請求します。

20代のコンサルタントもたくさんいます。

通常、ITコンサルやWEBコンサルの単価は1人月で50万円くらいです。

ビジネス暦はマッキンゼーやボストンコンサルティングのコンサルタントの方が短いのに、

なぜ彼らと、クライアント先の社員の単価にはこんなにも多くの差が付いているのでしょうか?

経営コンサルタントは膨大な情報を持っている

マッキンゼーやボストンコンサルティングなどの上流の経営コンサルタントは、若かろうが、年を取っていようが、企業の本部長や、役員・社長レベルの人としかしゃべりません。

つまり、普通の会社員が知らないような情報網を持っているということです。

学歴やMBAがなぜ価値があるのか?

学歴やMBAホルダーは多くの場合、給与を決めるときの条件の一つになります。

ただ単に大学をでただけ、ビジネススクールを出ただけで、なぜ年収が2倍、3倍に膨れ上がるのでしょうか?

それは、膨大なインプットとアウトプットをしてきたという裏づけになるからです。

勝てるギャンブラーと勝てないギャンブラーの違い

勝てるパチプロは法制度や、台の性能、確率論に精通しています。

勝てないパチンコ好きは毎回運試しします。

意思決定に必要な情報源が多ければ多いほど意思決定の質が上がる

なぜビックデータがもてはやされるのか?

なぜ人工知能がもてはやされるのか?

なぜ皆Googleで検索するのか?

なぜMicrosoftやFacebookやAppleの時価総額がダントツで高いのか?

なぜビルゲイツやウォーレンバフェットは、億万長者になった今でさえも、むさぼるように本を読んでいるのか?

それは、情報を持てば持つほど、意思決定の質が上がるからでしょう。

情報には価値がある

情報はそれ自体価値を持っています。

人生の早い段階で情報の価値に気付いた人だけが、多くの情報を集め、よりよい人生を送っていきます。

それに気付いた人と、気付いていない人の差は開く一方です。