なかなか当たりが来ない時間をどういう心持ちで過ごすのか?

記事のシェアOK☆

成果を出すためには、確率の罠を乗り越える必要があります。

たとえば、テレアポをするとします。

テレアポが10回連続で断られる確率は35%

大体、テレアポの成功率は1割以下が普通ではないでしょうか。

10分の1で取れるテレアポをする場合、

10回以内で成功する確率は65%

10回以上連続で断られる確率は35%です。

40回連続で断られる確率は1.5%

20回連続で断られる確率は12%です。

30回連続で断られる確率は4%です。

40回連続で断られる確率は1.5%です。

1.5%は1年に5回くらい起こりうる確率

1.5%というと、大きいような小さいようなよくわからない数字ですが、

1年のうち5日間くらいはそんな日があるということです。

30回連続で断られるのは1ヶ月に1回くらい

20回連続で断られるのは1週間に1回くらい

おおよそそんなイメージでしょうか。

断られ続けると、つらいですが、これはよく起こることです。

ビジネスをしていると、思惑がはずれまくるときがよくある

たとえば、セミナーを企画したけど、セールスの文章が全く響かず、参加者が集まらない

前回は集まったのに、今回は集まらない

商品がなかなか売れない・・・・

ビジネスにも、はずれまくるということが比較的よく起こります。

はずれているときにどういう姿勢を保つか?

もし、何度も何度も思惑が外れて、失敗し続けて、落ち込んでいるとしたら、

それは間違いです。落ち込む意味はありません。

これは確率の問題だと考えて、手を変え品を変え、球を打ち続けるのが一番です。

セミナーの集まりが悪ければ、あらゆる手段を用いて力技で集める。

商品の売れ行きが悪ければ、あらゆる手段を用いて売り切る。

下手な鉄砲数打ちゃ当たる

下手な鉄砲数打ちゃ当たると言いますが、

下手な鉄砲を何度も何度も打っていると、

そのうち当たります。

そのうちうまくなるので、徐々に命中率もあがります。

成果を出すまで、打ち続けるのを絶対にやめない

確率の罠にはまって、何度も何度もはずれ続けたとしても、

立ち止まるのは厳禁です。

下手な鉄砲でも良いから、撃ち続けていれば、そのうち当たりますよ。

大切なのは、成果を出すまで、打ち続けるのを絶対にやめないことです。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。東京大学法学部卒。生命と宇宙を感じながら、体を緩め歩いています。街中で見かけたらラッキー。経営顧問を常時10社以上兼任。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
なかなか当たりが来ない時間をどういう心持ちで過ごすのか?
タナーク株式会社 Tanaakk Inc.の最新情報をfacebookで購読!

記事のシェアOK☆

フォローする