億万長者アスリート世界No.1とNo.2の戦い

記事のシェアOK☆

2015年Forbesアスリート億万長者ランキング1位はフロイドメイウェザー選手で年棒$300M。

forbes the world's highest-paid athletes

年棒$300Mは日本円で370億円です。

2位のマニーパッキャオ選手は$160M。日本円で約196億円です。

そんな2人が今年の5月に戦った試合がコチラ

身体の使い方を知る上でも、よい試合だと思います。

メイウェザーの技術に脱帽

パッキャオは25分くらいでやっと乗ってきたという感じですね。

前半は前のめりになって、無駄な動きも多かったように思います。

一方のメイウェザーは前半から体幹をうまく使い、前にも後ろにも眼があるようなバランスの良い動きをしています。

果敢にパンチを撃つシーンはパッキャオのほうが多いですが、

パンチの精度と、相手のパンチを見切っている率はメイウェザーのほうが上に思います。

パッキャオの軸がよくブレるのに対し、メイウェザーは軸がぶれませんね。

結果として、ダウンがない以上、試合をコントロールしていたのが、メイウェザーだったという判定になったのではないでしょうか。

パンチスタッツを見ると、判定も納得できる

CompuBoxのデータを見ても、その差は歴然でした。

mayweathervspacquiao

http://www.boxingscene.com/forums/view.php?pg=mayweather-pacquiao-compubox

メイウェザーが上段。パッキャオが下段です。

パンチ数は435発:429発と互角でしたが、トータルヒット数は34%:19%でメイウェザーが圧倒。

ジャブのヒット率は25%:9%でメイウェザーの優勢。

強打のヒット率も48%:27%でメイウェザーの優勢。

データを見ても、納得のいく勝敗だったということですね。

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
億万長者アスリート世界No.1とNo.2の戦い
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする