結局はコスモなのかもしれない

☆記事のシェアOK

今日はカリスマ美容師の方とエステ経営者の方と食事をしていたのですが、そのなかで直感の話が出ました。

カリスマ美容師の方は1日20人、累計8万人の髪の毛を切っているそうです。

髪の毛を切る前に切った後のビジョンが浮かぶ

それだけの人数の髪を切っていると、もはや髪の毛を切る前に切った後の様子がビジョンで浮かぶとのこと。

しかもそれは自分が切っているお客さんだけではなく、社員が切っているお客さんが満足するかどうかまでなんとなくわかるとのことです。

不思議な現象は起こる

僕も同じような経験があります。理論や理屈でコンサルティングをするよりも、その場で浮かんだ思いを言葉にしたほうが、結果的にその人自身の人生が変わるということです。

セミナーも同じです。台本を作るよりも、アドリブで話したほうが満足度が高いし、驚くような成果が出ます。セミナーに来ただけで痩せたり、部屋が片付いたり、涙が出たり、肌つやがよくなったりという不思議な現象が起きます。

計算を超えた直感がある気がする

このような話は良く聞く話です。

りんご農家が、花を見ただけで、りんごの肉付きを予測できるのと同じく、

航海士が風の湿気で嵐が来るのを予測できるのと同じく、

麻雀の達人が雀卓に座った瞬間に1位から4位までの結果を予測できるのと同じく、

バスケやサッカーで必ず相手を抜くことができるという予測が当たるのと同じく、

なぜか本番とピンチとチャンスに強い、人気者キャラが野球界にいるのと同じく、

計算を超えた直感というものが存在するように思います。

確率と統計を超えてくることがよくある

僕はパチプロなのですが、パチンコに関しても、計算上はどう考えても時給1000円しか行かないはずなのに、

蓋をあけてみると時給が3000円を超えているんです。

確率と統計から考えると、ありえない数字です。

でも、釘の状態を見ることで、店側の意図や台の調子がなんとなくわかるんですよね。

3秒先を予知する

今日は、喫茶店でコーヒーを飲みながらネットサーフィンをしていたんです。

すると、視界の片隅にコーヒーを持ったおじさんが現れて、

なんとなく、その人がコーヒーを派手にぶちかましている様子がビジョンで入ってきたんです。

その3秒後にその人はコーヒーをこぼしました。

全身がリラックスして、軸が通っているときに良く起こる

帽子をかぶっている人がめがねを帽子の上に乗っけていて、この人のめがね、落ちそうだなと思った3秒後に落ちました。

これは意識的にやろうと思ってもだめです。リラックスして、軸が通っているときによく起こります。

一瞬一瞬全身のマックスパフォーマンスを出せるように、リラックスしておくと、これは起こります。

統計学や数学もたしなんではいるので、確率的にはありえないなということがわかります。

やはり、直感というものがあるんだなという確信を得ています。

コンピューターの計算を超える芸当

なんらかの無意識の計算と予測が働いているように思います。

ひとつひとつを噛み砕いていけば、これまで営業で1万人以上の人に会っているので、

その人の動作や表情、筋肉の動きでその人の次の行動が予測できるということだと思いますが、

これはコンピューターには出来ない芸当でしょう。

直感とは全能的な意思決定

直感というものは全能的な活動で、人生の全ての情報をフル活用して行う意思決定であるという主張もあります。

走馬灯にも良く似ています。

ただ、常に自分を疑うことは大切なことなので、

1ヶ月前くらいまで一時期、経営学や統計学、数学等の理論に傾倒し、直感を疑ってみたのですが、

一周まわってまたこの境地に戻ってきました。

動物的な脳である小脳を使う気持ちよさ

直感で生きているときは、なによりも気持ちよく、充実感があります。

それはチーターが草原を駆けるような、

猫がネズミを狩るような、

小鳥が機嫌よさそうに、さえずるような、

ライオンがシマウマを狩るような爽快感です。(動物になったことはありませんが、たぶんそうでしょう笑)

動物的な快感を得られるということは、前頭葉などの大脳ではなく小脳や脳幹を使えている証拠でしょう。

まわりまわって、ただいまコスモ

キミコスという本を4月に出版しましたが、やはり、人生はコスモなのかもしれませんね!

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。東京大学法学部卒。生命と宇宙を感じながら、体を緩め歩いています。街中で見かけたらラッキー。経営顧問を常時10社以上兼任。プロフィール・会社概要はこちら