パチプロ講座やりました

記事のシェアOK☆

遊びも本気でやりましょう!

ということで、始めてみました。

講座を受けた方のためにも昨日の話をまとめておきます。

効果実証済みのプロセスがある

遊び方には順番があります。スロットは別で、パチンコ限定ですが昨日話した内容はこんな感じ。

1.店選び

換金率をチェック。等価交換、3.5円交換・・・いろいろな店がありますが、換金率と釘の空き具合を天秤にかけて店を選びます。

店側が懇意にしている台、店側が出したい台というのがあるので、釘の読みながら、店長の意図を読むのが大切。

人の入りもチェック。あまりに流行っていない店だと釘が開かない。

平日夕方以降と休日午後は人がたくさん入るような店を選んで、

平日夕方以前または休日午前中に行くのがおすすめ。

2.台選び

期待値が台によってことなるので、以下のようなウェブサイトでチェック↓

ガロ 魔戒の花

ガロのボーダーは1000円で16回転くらいです。

17回転(+1)すれば、1000円当たり2.9円×17=49.3円

つまり一時間20000円を回せば時給986円

18回転(+2)すれば、1000円当たり6.17円×18=111.06円

つまり一時間20000円を回せば時給2221円

19回転(+3)すれば、1000円当たり9.1円×19=172.9円

つまり一時間20000円を回せば時給3458円

ボーダー以上の台を探せると、期待値的に、遊びながらそこそこのお小遣い稼ぎが出来るということです。

止めうちが出来るとボーダーは変わってきます。

3.釘選び

優先順位が高いのは2箇所。ヘソと風車。

これを見ずに台に座るのは、お金をどぶに捨てるのと同じことです。

これは慣れるしかない。以下のようなサイトを見ながら研究してください。

ヘソ釘を見分けるポイント

慣れてくると、打つ前にこの釘なら18回転、この釘なら16回転という風に大体わかってきます。

4.実際に打つ

ヘソ釘が良い割には全然回らなかったり、逆に釘があまりよくないのに回ったりという台は時たまあります。

予測が全て当たるわけではなく、細かい釘調整で回転数は変わってくることがあります。

予測だけではなく、結果のデータと照らし合わせて、客観的に判断することが重要です。

最初のうちは予測と実際の回転数が当たらないと思いますが、よく回る台が見つかるまでは、打って移動、打って移動を繰り返して、根気で良い台をつかみましょう。

5.予測と結果が合っているかを分析

回転数を暗記しようとしても最初の30分くらいはよいですが、どんなに頭のよい人でも忘れて行きます。

なので、おすすめはメモをすることです。

慣れるまでは500円ごとに、何回まわったかをメモするのがよいでしょう。

また、一日でプラスマイナスいくらになったかもしっかりメモしましょう。

記録を取っておくと、なぜ負けているのか?なぜ勝っているのか?が分析できるようになります。

6.データを取りながら実践を繰り返す

あとは実践あるのみです。

インターネット検索をたくさんして、本を読んで、より多くの情報を集めてください。

このような不完全情報ゲームは、情報を集めれば集めるほど勝率が高まるゲームです。

参考情報集:パチンコ関連書籍・ウェブサイト集

脳みそをフル稼働させて遊ぶ

以前本にも書きましたが、実際に遊びのプロセスを体験してみると、予想以上のシンプルさと厳密さに驚かれたと思います。

これだけのことをやりながら、ストーリーやリーチを楽しんだり、タイミングよく台のボタンを叩いたり、ガロ剣を押し込んだりするので、脳みそフル稼働です。

まさに、本気の遊び、プロです。笑

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
パチプロ講座やりました
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする