水槽を隔てた向こう側はまるで大海原

記事のシェアOK☆

地下鉄の駅構内にある水槽で、

魚1

優雅に泳ぐ魚が1匹

魚

そして、また一匹

魚2

人が通るのも何のその。

マイペースで水の中を漂ってる。

魚3

目の前をせわしなく通り過ぎる人々は、彼らには目も留めない。

まるで、彼らが存在しないかのように通り過ぎていく。

そう、そこに魚がいる気配すら全く気付かず通り過ぎていく。

このお魚さんたちはそんな人々を眺めながら何を考えているのだろうか

きっと水槽を隔てた先に、水の中とは違う環境があるということすらも考えずにただ無心で漂っているのだろう。

ここがまるで大海原かのように、悠然と、ただもくもくと、

魚4

まるで、ちょっとなにかを悟ったかのように、ただもくもくと、水にその身をゆだねているのでした☆

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
水槽を隔てた向こう側はまるで大海原
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする