ケチの理由

記事のシェアOK☆

靴が古くなったから買おうとか、服を着飽きたから買いに行こうと思って、街を散歩して、いつも不思議に思うことがある。

ちょっといいなと思ったものでも、全然買いたくないということだ。

デザインもわりといいな、コスパ的にもいいなと思って試着しても、ピンと来て買うまでいたる商品はほぼゼロに近い。

食べ物や飲み代にはかなりお金を使うものの、服や靴やカバンや電化製品にはちっともお金を使う気になれない。

なぜかという理由を考えてみた。

どうも自分は、投資対効果が見込めないものには一切お金を使いたくない主義みたいだ。

人との出会いには投資対効果を感じているから、食事とか、お酒とか、葉巻とかには割と予算上限なしでお金を使う。

また、自分の健康にも投資対効果を感じているから、食べ物や健康食品なんかには予算を設けない

でも、買った瞬間に資産価値がゼロになる、服や靴やカバンや電化製品などの消耗品にはよほどの感動商品か、最も安い消耗品でないと一切お金を使わないようだ。

例えばブランド時計であっても、買った瞬間に資産価値は減る。資産価値が持っても良くて7割だろう。

そもそも他人が作ったブランドにはあまり興味はないし、

買った瞬間に資産価値が目減りするものにお金を払うなら、一番安い消耗品でいいと思ってしまう。

節約したお金は投資金額以上に儲けが出るエリアに賭ける。

例えば出口が約束されてる広告費とか、

勉強代とか、

人との関係性にお金を賭ける。

という自分の心理を解明したのです。

こうなったのは経営コンサルをやっているというのも1つの理由かもしれません。自分がコストカットしてないのに、クライアントにコストカットしましょうって言えないですもんね。

かといってボロい靴や服を着続けるのも問題なので、そういうものは新しいものを買うよりも先に捨ててしまいます。

先に捨ててしまうので、新しいものを買わないといけないのですが、

なかなか買えないという迷宮入りです。

10足くらいあった靴が、いつの間にか革靴とスニーカーの二足しかありません。笑

さすがに近日中に買いたいです。笑

p.s 無事に一気に4足買えました!

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
ケチの理由
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする