そうだ、腸内細菌叢を整えよう

☆記事のシェアOK

医学の世界でも、テレビや雑誌でも、「腸」がとても流行っています。

この流れにうまく乗っかって、腸内細菌叢を整えていきたいですね!

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とは?

人間の小腸、大腸には400〜500種類以上、100兆個もの腸内細菌が住み着いています。

腸内細菌叢

腸内細菌は体が健康な時はある一定のバランスのとれた構成になっています (腸内細菌の集まりのことを腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)または腸内フローラといいます)
しかし、 下痢、便秘など体調を崩したときには病原菌や腐敗菌などが増え、ビフィズス菌や乳酸菌などの健康を守ってくれる細菌が減ってきます。

その時、元の正常な腸内細菌叢に戻す役割を持つのがプロバイオティクスです。

プロバイオティクスとは?

“プロバイオティクス”は、「健康のために」という意味のギリシャ語が由来とされ、人間に利益をもたらす善玉菌を指しています。

プロバイオティクス(Probiotics)は1989年にイギリスの微生物学者フラー博士によって定義され、広く認知されるようになった言葉です。

現在では「適正な量を摂取したときに有用な効果をもたらす生きた微生物」のことを言います。

その代表的なものが乳酸菌です。しかし従来のヨーグルトに入っている乳酸菌は胃酸などの消化液により死んでしまい、ほとんど生きて腸まで届きません。一方、乳酸菌の中でも一部のガセリ菌やビフィズス菌などは生きて腸まで届いて、腸の中で健康に有益な働きをすることがわかっています。

プロバイオティクスの効果

プロバイオティクスには健康に対する効果があり、また菌の種類や組み合わせによって効果が違うことがわかってきました。

たとえば、

  1. 腸内細菌叢(フローラ)によい影響を与える
  2. 腸内感染を防ぐ(病原性大腸菌などの有害菌が腸に付着するのを阻止する)
  3. 免疫のはたらきを調整する
  4. がんを予防
  5. アレルギーの予防に役立つ
  6. アトピーの予防に役立つ
  7. 炎症性大腸炎の予防に役立つ
  8. 動脈硬化の予防に役立つ
  9. 内臓脂肪を減少させる
  10. 血中のコレステロールを減少させる

等の効果があります。

現在も研究は進められており、プロバイオティクスの新たな健康効果が期待されています。

プレバイオティクス・シンバイオティクス

プロバイオティクスと似た用語に「プレバイオティクス」があります。

腸内の有用菌の働きを助ける物質のことをプレバイオティクスと呼びます。これは例えばビフィズス菌などの善玉菌の栄養源となりそれらを活性化させるオリゴ糖や食物繊維などのことです。そして、プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせたより効率的な機能性食品を「シンバイオティクス」と呼びます。

プロバイオティクス

プロバイオティクスの種類

腸で有益な作用をもたらすプロバイオティクスの菌種には以下のようなものがあります。

・乳酸菌

ラクトバチルス属(Lactobacillus acidophilus, L. gasseri, L. rhamnosus他)エンテロコッカス属(Enterococcus faecalis, E. faecium)

・ビフィズス菌

ビフィドバクテリウム属(Bifidobacterium longum, B. infantis, B. breve他)

・糖化菌、納豆菌 

バチルス属(Bacillus subtilis, B. mesentericus, B. natto他)

・酪酸菌

クロストリジウム属(Clostridium butyricum)

・酵母類 

酵母類(Saccharomyces cerevisiae他)

腸内細菌叢を整えよう!

医学界では大腸・消化器専門医のみならず、循環器内科、脳神経内科、糖尿病内科、代謝内分泌内科の専門医も注目しているの腸内環境改善。世界的にも急ピッチで研究が進んでいます。

普段の生活にもうまく応用していきたいですね☆

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。東京大学法学部卒。生命と宇宙を感じながら、体を緩め歩いています。街中で見かけたらラッキー。経営顧問を常時10社以上兼任。プロフィール・会社概要はこちら