1ヶ月に何人の人に会っていますか?

記事のシェアOK☆

みなさん、突然ですが、1ヶ月に何人の人に会っていますか?

とにかく人に会いまくる

願望と現実の結果がずれていることはよくあることだと思います。

たとえば、従業員を雇いたい!と言っている社長がいるとして、

先月は何人の人に会って、何人面接しましたか?

と聞いてみると、【5人です】とか

広告費を払っているので、今月は【10人】も面接しました

というわけです。

しかし、よく考えてみてください。

これはおかしくはないでしょうか?

面接するなら月に100人

これからの人生を共にする仲間を集めるという重要な活動ですよね? 

気の会う友達ですら、100人に1人も見つからないのに、採用面接10人で、ばっちりの人材なんか見つからないと思います。

月に100人くらい会って初めてスタート地点ではないでしょうか?

【彼氏・彼女がほしい】【結婚したい】というお悩みも同じかと思っています。

自分の人生を確実に左右するパートナーを選ぶためにはできるだけ多くの人に会って、選ぶべきだと思っています。

月に1回くらいの合コンで見つかるはずがありません。

1日に1人と会うとしても年に365人。

婚活の期間が3年だとしたら、365×3=1095人。

1095人って多いでしょうか?

多いでしょうか?少ないでしょうか?

僕はとても少ないと思います。

日本の人口は1.273億人

自分の年齢の前後5年の異性の人口は約795万人。

1095人しか吟味できないということは、対象人口の0.013%にしか検討を加えられません。

これは人口の残り794万8905人=全体の99.987%にまったく検討を加えずに意思決定をしてしまうということです。

こんな恐ろしい話があってよいのでしょうか。

婚活するなら月に100人。10年計画がおすすめ

月に100人出会ったとしても年に1200人。そう考えると、将来的に結婚したいなら、10年計画くらいで相手を探したほうがよいですね。

10代くらいから婚活を意識し、月に100人会って10年間で12000人に会っても、高々対称人口の0.15%にすぎませんが、

おそらく1095人出会ったときよりも12000人に出会うほうが、10倍の情報を元に意思決定を下すことができるでしょう。

【彼氏・彼女がほしい】とか、【結婚したい】と思ったら、

先月は何人に出会ったのか?自分の胸に問いただしてみてください笑

とりあえず、たくさんの人と会っていたほうが何かとお得な気がします

話が飛びましたが、とにかく、人には会いまくったほうが何かとよいのでは?ということでした。

そろそろ就活シーズンだとは思いますが、学生で就職活動を始めた人にも、迷わず営業職や接客業をおすすめしたいですね

The following two tabs change content below.
ヘルスィーTANA☆AKK

ヘルスィーTANA☆AKK

タナーク株式会社/代表取締役社長売上UP実績はこちら
趣味:呼吸。住所:地球。企業顧問を常時10社以上こなす体を緩める起業家。プロフィール・会社概要はこちら
tanaakk
1ヶ月に何人の人に会っていますか?
この記事をお届けした
タナークの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆

フォローする